TOEIC®󌱑΍pXN[ ÉwO@[tH[A

TOP ݒn
ƓC [tH[A̓ uē utЉ 󌱂܂ł̗ eNXЉ NXʓ\
>>ブログトップへ

8月 03 2018

日本的事象を英語で説明できるようにする2

 

                                             

TOEICレッスンを名古屋駅前のTOEIC専門スクールで教えている講師 

の小島です。 

 

昨日のブログの続きを書きます。

 

日本人英語学習者が重視するべきは外国のことではなく、日本の文化や

生活習慣などを英語で話せるようになることだという話でしたね。

 

私がこのことに気づいたのは、イギリスで滞在中に自分の無知を恥じる

ことがあったからです。

 

結構外国のことは知っているのに自分の国のことを尋ねられても上手く

答えられないことがあったのです。

 

昨日のブログで発泡酒は一般的に英語ではlow-malt beer で第3のビール

はquasi-beer と呼ばれると書きました。

 

前者はとても上手な訳語だと思います。

 

麦芽量を減らしてビールとは違う種類の飲み物にすることによって

酒税の比率を下げて、販売価格を下げたのが発泡酒なのです。

 

しかしlow-malt beer など外国にはありませんから、補足説明が必要な

ことは忘れないで下さい。

 

一方、quasi というのは「準~」とか「類似の」という意味のラテン語

由来の言葉です。

 

つまり、quasi-beer とは「ビールのような飲み物・ビールもどき」と

いうことになります。

 

ただし、発泡酒もある意味「ビールもどき」なので、この言い方だと

両者の区別はつけられませんね。

 

第3のビールというのは、ビールや発泡酒と違って麦芽を原料として

使わず、その代わりに大豆やトウモロコシで作られます。

 

こちらはさらに酒税の負担が軽くなるので販売価格を安く出来る

のです。

 

そのことを外国人には英語で説明する必要があります。

 

 

TOEIC20165月の公開テストより一部の問題形式が変更され

 アップグレード版として実施されています。

 

ユーフォーリアのTOEIC講座では、新しい内容でのテスト対策を

どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

乞うご期待!

8月 02 2018

日本的事象を英語で説明できるようにする

 

                                             

TOEICレッスンを名古屋駅前のTOEIC専門スクールで教えている講師 

の小島です。 

 

昨日のブログの続きを書きます。

 

毎日、テレビの英語放送や英字新聞で日本のニュースをチェックして

いれば必ず日本独自の文化、生活習慣などの話題が登場します。

 

例えば、近年ビールの売り上げは徐々に減っていて、その代わりに

発泡酒や第3のビールの売上げが支えているというニュースがあった

とします。

 

海外でビールを飲んだことのある人なら分かると思いますが、外国

にはこの発泡酒とか第3のビールというジャンルの飲み物は存在しま

せん。

 

発泡酒と第3のビールは海外に存在しないので、その英語の呼称も

外国では知られていません。

 

ちなみに発泡酒はlow-malt beer、第3のビールはquasi-beer と

いう訳語がよく英字新聞などでは用いられています。

 

大切なのはこれを言っても英米人には何のことか理解してもらえない

ということです。

 

ただ単に単語を覚えても役に立ちません。

 

なぜ日本のメーカーはビール以外で味がそっくりの2種類の酒を造って

いるのか?

 

原材料などそれらに違いはあるのか?

 

ビールに比べて発泡酒と第3のビールの価格が低いのはなぜか?

 

このようなことに関する知識がないと英語がいくら流暢に話せる

技術があっても何も伝わらないわけです。

 

日本人英語学習者にとって必要なことは日本のことを英語で話せる

知識です。

 

上記の質問に対する解答は、今ならネットで検索すればすぐに分かる

と思います。

 

まず日本語の情報でいいので、一度調べてみて下さい。

 

日本にしかない独自の“文化”がその背景にあることが分かりますよ。

 

 

TOEIC20165月の公開テストより一部の問題形式が変更され

 アップグレード版として実施されています。

 

ユーフォーリアのTOEIC講座では、新しい内容でのテスト対策を

どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

乞うご期待!

8月 01 2018

日本人英語学習者がやるべきこと8

 

                                             

TOEICレッスンを名古屋駅前のTOEIC専門スクールで教えている講師 

の小島です。 

 

昨日のブログの続きを書きます。

 

英字新聞の効能にはまだまだたくさんあります。

 

その話をする前にこのブログの読者さんからご質問がありましたので、

お答えしておきます。

 

Q: 英字新聞は外国のものがいいのですか?

 

A: いいえ。まずは日本で発行されている英字新聞を読みましょう。

 

海外に行った時は仕方ありませんが、日本にいるのですから日本の

英字新聞を活用しましょう。

 

具体的にはJapan News(読売新聞系)とかJapan Times などが駅の売店

などで入手出来ます。

 

また最近ではネット上の記事もたくさん読むことが出来ます。

 

こちらは無料です。

 

なぜ外国のではなく、日本の英字新聞にするべきかといいますと前者

には日本のことに関する記事が少ないからです。

 

例えばイギリスの新聞に自民党総裁選の話などまず掲載されません。

 

しかし、日本人英語学習者にとって必要なのは日本に関する情報を得て、

さらにそれを英語で外国人に伝えられる能力です。

 

テレビの話を書いた時、英米のニュースよりもまず日本での英語ニュース

をチェックしましょうと書いたのも同じ理由です。

 

 

TOEIC20165月の公開テストより一部の問題形式が変更され

 アップグレード版として実施されています。

 

TOEIC専門塾ユーフォーリアでは、新しい内容でのテスト対策を

どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

乞うご期待!

7月 31 2018

日本人英語学習者がやるべきこと7

 

                                             

TOEICのレッスンを名古屋駅前のTOEIC専門スクールで教えている講師 

の小島です。 

 

昨日のブログの続きを書きます。

 

TOEICの最終パート=Part7で読むスピードが落ちないように英語の体力を

養成しておくことが大切で、英字新聞を活用しましょうという話でしたね。

 

ここでちょっとTOEICのリーディングパートをやる際の注意するべき事を

いくつかご紹介しておきます。

 

「最後のPart7で時間がなくなることが多い、、、というか、いつもそう

なるので先にここをやってしまうのはダメですか?」という質問を時々

受けます。

 

私の答えは「絶対にダメ」です。

 

Part7は長文読解問題なので、私のようなエキスパートでも解答時間は

かなり幅があります。

 

早く出来る時もあれば、ちょっと時間がかかることもあるという意味です。

 

一方、Part5と6は空所補充問題で、時間の管理はやりやすいです。

 

ユーフォーリアでは前者の問題を1問25秒以内、後者のそれを30秒以内で

解くように訓練していますが、これは練習して、本番を何度か体験すれば、

誰にでも出来るようになります。

 

全問正解ではなく、制限時間内の全問解答を目指せばよいのですから、

ハードルはそれほど高くありません。

 

まず自分で予め設定した時間内に初めの2つのパートを通過することで

安心感を持ち、残った時間でPart7に取り組むべきです。

 

王道を行けばよいのです。

 

先にPart7をやって、もし10分でも計画した時間より経過していたら

Part5と6を全問解答出来るでしょうか?

 

絶対に無理でしょう。焦りますしね。

 

Part7を先にやることはルール違反ではありませんが、決してやるべき

ではありません。

 

私はこれまでに延べ千人以上の生徒さんを教えてきましたが、これを

やって上手くいった人はただの一人もいません。

 

 

TOEIC20165月の公開テストより一部の問題形式が変更され

 アップグレード版として実施されています。

 

TOEIC専門塾ユーフォーリアでは、新しい内容でのテスト対策を

どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

乞うご期待!

7月 30 2018

日本人英語学習者がやるべきこと6

 

                                             

TOEIC講座を名古屋駅前のTOEIC専門スクールで教えている講師 

の小島です。 

 

名古屋では台風12号の大きな影響もなく無事にTOEIC公開テストが

開催されたようですが、他の地域、特に西日本では一部で影響が

あったかもしれませんね。 お見舞いを申し上げます。

 

 

昨日のブログの話の続きを書きます。

 

英字新聞を活用して英語をたくさん読むための“体力”を身につける

ことが大切であるという話でしたね。

 

読むスタミナは読むことでしか養われません。

 

リーディング部門のスコアを上げたければもっとリーディングその

ものをやるべきなのに、問題集などを買ってきて、英文を読むことを

疎かにしている人がとても多いですね。

 

TOEICテストでは最後にもっとも大量の英文を読むPart7長文読解

問題を解く流れになっています。

 

そこで最も大切なのが、英文を読み続ける“スタミナ”なのです。

 

それがないと適切な判断が出来ません。

 

ちょっとしたヒントをキャッチ出来なくなるのです。

 

これはパート7では絶対に避けたい行為なのですが、体力のない人は

それが続出します。

 

サッカー選手の場合、どんなに技術の高い人でもスタミナが切れて

いてはボールをまともに蹴れませんよね。

 

それと同じことです。

 

とにかく毎日、少しずつでよいので、英文を読む習慣を身につけ

一度に読める量を増やしていきましょう。

 

それを積み重ねると数か月後にはとてつもない“体力”向上が

実現出来ますよ。

 

やるのは、今すぐにです。

 

そのうちに、、、といっている人は永久に改善など出来ません。

 

 

TOEIC20165月の公開テストより一部の問題形式が変更され

 アップグレード版として実施されています。

 

TOEIC専門塾ユーフォーリアでは、新しい内容でのテスト対策を

どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

乞うご期待!

7月 29 2018

日本人英語学習者がやるべきこと5

 

                                             

TOEIC講座を名古屋駅前のTOEIC専門スクールで教えている講師 

の小島です。 

 

昨日のブログの話の続きを書きます。

 

私自身が30年以上英語のトレーニングとして続けていることも

あり、ユーフォーリアの生徒さんには英字新聞を読むことを強く

お勧めしています。

 

その効能が素晴らしいからです。

 

まず日刊新聞なら毎日読む話題が提供されるので飽きません。

 

ずっと同じニュースを読んでいると知識が増すので、より興味が

湧いてきます。

 

それを毎日することで英語を英語で読む時間が増えます。

 

実は日本人英語学習者に不足しているのはリスニング能力では

なく、たくさんの英文を読み続けるリーディング力=読むスタミナ

だというのが私の持論です。

 

この最大の弱点を克服するのに最も適したトレーニングパートナー

が英字新聞なのです。

 

テレビニュースの話の時も書きましたが、初めは少なくてもよいので、

毎日少しずつ続けてやる=英文記事を読むことが大切です。

 

それを継続してやっていくとやがては2時間のTOEICテストで英文を

読み続けても、そのスピードが最後まで落ちない“体力”が養成

されるのです。

 

もしあなたがTOEICテストくらいの英文量なら2時間で簡単に

読めるというのなら問題ありません。

 

いつ受けても大変な思いをしているのなら、是非とも今日から英字

新聞とのお付き合いを始めて下さい。

 

 

台風12号の影響で、日曜午前の今でもかなりの強風が愛知県には

吹いています。

 

今から私はTOEIC公開テストの受験会場に向かいますが、外出

される方はくれぐれもお気を付け下さい。

 

 

TOEIC20165月の公開テストより一部の問題形式が変更され

 アップグレード版として実施されています。

 

TOEIC専門塾ユーフォーリアでは、新しい内容でのテスト対策を

どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

乞うご期待!

7月 28 2018

日本人英語学習者がやるべきこと5

 

                                             

TOEIC講座を名古屋駅前のTOEIC専門スクールで教えている講師 

の小島です。 

 

台風12号が日本に接近しています。

 

明日の公開テストに影響が出る地域がありそうですね。十分にお気を

つけ下さい。

 

26日金曜日のブログの続きを書きます。

 

ニュースは毎日、連続ドラマのように変化していきます。

 

それをずっと見ていると興味がさらに増して、より面白くなるのです。

 

ですからテレビニュースも毎日チェックしていくことが大切です。

 

さて、次に別のメディアをご紹介します。

 

TOEICテストはリスニングが半分の100問あるとはいえ、基本的には

リーディング力が重要です。

 

なぜなら、リスニングのPart3と4を足すと100問中69問になります

が、ここは以前、このブログで解説したように“速読”が勝負です。

 

リスニング問題の約7割でも読む力が必要不可欠なのです。

 

このトレーニングはテレビニュースでは出来ません。

 

読まないとダメです。

 

では、何を読むべきか?

 

私がTOEICでスコアアップを目指している人にいつもお勧めしている

のが英字新聞です。

 

大学生でも社会人でも新聞を読まなくてよい人などいません。

 

また新聞リーディングをすることで、大変重要な能力を養成することが

出来ます。

 

それはTOEIC受験を目指している人に最も不足しているものです。

 

では、この英字新聞の活用方法についての話はまた明日のブログで。

 

 

TOEIC20165月の公開テストより一部の問題形式が変更され

 アップグレード版として実施されています。

 

TOEIC専門塾ユーフォーリアでは、新しい内容でのテスト対策を

どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

乞うご期待!

7月 27 2018

今週末のTOEIC公開テストについて

 

                                             

TOEIC講座を名古屋駅前のTOEIC専門スクールで教えている講師 

の小島です。 

 

昨日までのブログの話は一休みして今日はあさってに開催される予定の

TOEIC公開テストについて書きます。

 

7月29日の日曜日には今年6回目のTOEIC公開テストが実施されますが、

ご存知の通り、現在、台風12号が日本に接近しつつあります。

 

私の住んでいる愛知県には明日の夕方から深夜にかけて、かなり大きな

影響が出る可能性がありそうです。

 

東海地方への影響は日曜日の午前中くらいまでになりそうですが、心配

なのはその後の台風の進路です。

 

現時点での予報では関西から中国地方にかけて西に進むようです。

 

先日の西日本豪雨で大変大きな被害に遭った地域なので心配ですね。

 

関西よりも西の地域ではもしかするとこの台風の影響で公開テストが

中止される可能性もあります。

 

このような場合、TOEIC運営委員会さんのホームページにその通達が

出されるはずなので、日曜日に天候が悪い地域にお住いの方で、受験

予定の方はそちらをご確認下さい。

 

公開テストを過去20数年間ずっと受けていますが、私の経験では当日の

開催中止は一度もありません。(他の地域の方にはあったかもしれません)

 

2011年の東日本大震災が発生した後の公開テストが全国で取りやめに

なったことはありましたが、あれはテストの数日前に主催者が中止を

発表していたので、大きな混乱はありませんでした。

 

今回は台風なので、どうなるのは予測がつきません。

 

受験される方は今後の台風情報に注意して、お気をつけ下さい。

 

TOEIC20165月の公開テストより一部の問題形式が変更され

 アップグレード版として実施されています。

 

TOEIC専門塾ユーフォーリアでは、新しい内容でのテスト対策を

どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

乞うご期待!

7月 26 2018

日本人英語学習者がやるべきこと4

 

                                             

TOEIC講座を名古屋駅前のTOEIC専門スクールで教えている講師 

の小島です。  

 

昨日のブログの続きを書きます。

 

日本人英語学習者が得るべき知識は、日本の事で、それを英語で発信

出来る能力をもっと伸ばすべきで、そのためには日本のニュースを

英語で聴くことが有益だという話でしたね。

 

NHKテレビの二か国語放送による夜7時のニュースは最適な教材の

一つで、私は今から30年ほど前にまずビデオで録って、音声をカセット

テープに収録して、聴いていました。

 

この方法だと英語を聴く際には画像がないので、少しハードルが高く

なりますが、毎日やっていましたから各ニュース項目の流れを掴めて

いたので、問題ありませんでした。

 

音声だけ聴くことの利点は移動時間などを活用出来ることです。

 

画面を観ないので通勤・通学時間でも音声だけならトレーニング出来

ますし、私もそうしていました。

 

英語のトレーニングにある程度の時間を費やすのは仕方ないことです

が、出来るだけ負担が大きくなりすぎない工夫をしたいですからね。

 

ただし、初めのうちは日本語も英語もテレビ画面を観ながら聴く

ことをお勧めします。

 

 

まずはこのやり方に慣れましょう。習慣化することが大切です。

 

また録画を観られるということは途中で止めたり、気になる箇所だけを

繰り返しチェックすることも簡単に出来ます。

 

毎日聴いていると毎日新しい表現に出会います。

 

それが楽しくなってきたら“勝ち”です。

 

人間って面白いと思えることは続けられますからね。

 

継続してやらないと意味がありません。

 

では明日以降のブログでテレビニュース以外のメディアの活用法に

ついて解説していきます。

 

 

TOEIC20165月の公開テストより一部の問題形式が変更され

 アップグレード版として実施されています。

 

TOEIC専門塾ユーフォーリアでは、新しい内容でのテスト対策を

どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

乞うご期待!

7月 25 2018

日本人英語学習者がやるべきこと4

 

                                             

TOEIC講座を名古屋駅前のTOEIC専門スクールで教えている講師 

の小島です。 

 

昨日のブログの続きを書きます。

 

次の日本の首相が誰になるのかという話を書いていたら、昨日、

自民党総裁選挙の流れを大きく変えるビッグニュースが飛び込んで

きましたね。

 

岸田政調会長が総裁選への出馬をしないと表明しました。

 

これで安倍総裁の三選の可能性がかなり高くなりました。

 

岸田さんは“次の次”に総理の座を目指すのではないかと予想

されています。

 

このように世の中の流れは日々、変化していきますので情報は

毎日入手していくことが大切です。

 

では、具体的なその方法をご紹介していきます。

 

私が英語のプロになるためにやってトレーニングの一つです。

 

NHKテレビが夜7時から放送しているニュースを毎日録画します。

 

この内容をまず日本語で普通に観ます。

 

次にこの放送の副音声=英語でのアナウンスに切り替えて、もう

一度同じニュースをチェックします。

 

日本語で最初に見ているで、全く内容が分からないところは皆無の

はずです。

 

時間は30分弱なので、それほど時間もかかりません。

 

しかもこの方法なら値段の高いリスニング教材など買う必要はなく、

いつも無料で入手できる点も大きな長所です。

 

では、この話の続きはまた明日のブログで。

 

TOEIC20165月の公開テストより一部の問題形式が変更され

 アップグレード版として実施されています。

 

TOEIC専門塾ユーフォーリアでは、新しい内容でのテスト対策を

どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

乞うご期待!

« Prev - Next »

Copyright©2005 Euphoria All rights Reserved.