TOEIC®󌱑΍pXN[ ÉwO@[tH[A

TOP ݒn
ƓC [tH[A̓ uē utЉ 󌱂܂ł̗ eNXЉ NXʓ\
>>ブログトップへ

5月 24th, 2020

5月 24 2020

英会話力をさらに磨く4

2020年5月24日 (第1711回)

TOEIC講座を名古屋駅前のTOEIC専門スクール ユーフォーリアで
教えている満点講師の小島です。

————————————————————————————–

昨日のブログの続きを書きます。

「そちらに行きます」はI’ll go there. は不可でI’ll be there.というが
be動詞を使わないで一般動詞を使う場合はgoでなく何を使うべきか
考えてみましょう、という話でしたね。

日本語感覚では「行く」はgo ですが、英語の世界では「聞き手
のところに行く」はgo でなくcome になるのです。

私はかつてニュージーランドやイギリスでホームステイをしていた
ことがありますが、ホストマザーさんに夕方、”Tea is ready!”と
告げられたらこれは「夕飯の支度が出来ましたよ!」です。

ここは「お茶」の時間ではありません。(苦笑)

そこで私が言うべきは、「今、行きます」なので、I’m coming! と
伝えます。

「聞き手のところへ行く」のですからgo でなくcomeです。

ここで、I’ll go. なんて言ったらホストファミリーたちから
“Where are you going?”「どこへ行くの?」って突っ込まれます。
(笑)

このcomeの使い方、理屈では分かっている人は多いのですが
ちゃんと実践で使える人が少ないのです。

それは使っていないからです。

英会話で大切なことは頭で理解しているかどうかではなくて
瞬時に適切なフレーズが口から出せるかどうかなんです。

それには普段からの不断の練習が不可欠なのです。(これ洒落
ですよ)

————————————————————————————

*TOEICは2016年5月の公開テストより一部の問題形式が変更され
アップグレード版として実施されており、またその内容は徐々に
変化しつつあります。

ユーフォーリアのTOEIC講座では、新しい内容でのテスト対策を
どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

Copyright©2005 Euphoria All rights Reserved.