TOEIC®󌱑΍pXN[ ÉwO@[tH[A

TOP ݒn
ƓC [tH[A̓ uē utЉ 󌱂܂ł̗ eNXЉ NXʓ\
>>ブログトップへ

5月 8th, 2020

5月 08 2020

なんで英語やねん!

2020年5月8日 (第1695回)

TOEIC講座を名古屋駅前のTOEIC専門スクール ユーフォーリアで
教えている満点講師の小島です。

—————————————————————————————–

ちょっと考えられない体験をしたので、今日はその話題について書き
ます。

先日、とあるお役所のサイトにアクセスしようとしたら込み合っていて
つながりませんでした。

ここまではよくある話です。

問題はその後です。

何とアクセスが出来ないことを表示する画面が全て英語表記だった
のです!

私は思わず「何じゃこれりゃあ!」と声が出ました。(苦笑)

日本のお役所ですよ!どうして日本語で掲載しないのでしょうか?

このサイトの管理責任者は一体何を考えているのか。

もしアメリカの役所のサイトに中国語しか表記がされなかったら
どうなるでしょう。考えるだけでも恐ろしい。(苦笑)

読み手のことを全然考えていない=英語がものすごく苦手で見たくも
ない人はたくさんいることに全然配慮がなされていません。

このもある種のコミュニケーション能力の不足にあたるでしょう。

さらにお役所に何か申請書を出す時、その説明が分かりにくい!

人に何かを説明する時に正解なんてありません。

聞き手が理解出来れば全てOKです。

でも日本では正解が一つだけある質問の答える作業=試験において
高得点を取った人が頭がよいとされます。

一般社会で何か課題が与えられた時、例えば申請者のための分かり
やすい申請方法のマニュアルを作る時、正解なんてないのです。

学校教育の現場でプレゼン能力の向上をもっとするべきだというのが
私の持論です。

——————————————————————————————–

*TOEICは2016年5月の公開テストより一部の問題形式が変更され
アップグレード版として実施されており、またその内容は徐々に
変化しつつあります。

ユーフォーリアのTOEIC講座では、新しい内容でのテスト対策を
どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

Copyright©2005 Euphoria All rights Reserved.