TOEIC®󌱑΍pXN[ ÉwO@[tH[A

TOP ݒn
ƓC [tH[A̓ uē utЉ 󌱂܂ł̗ eNXЉ NXʓ\
>>ブログトップへ

2020年4月

4月 30 2020

英語で説明する 今日は何の日?2

2020年4月30日 (第1687回)

TOEIC講座を名古屋駅前のTOEIC専門スクール ユーフォーリアで
教えている満点講師の小島です。

—————————————————————————————–

昨日のブログの続きを書きます。

外国の人に我が国の祝日の由来を自分で言える英語で説明する練習を
してみましょうという話でしたね。

昭和の日は簡単です。

昭和天皇の誕生日ですからね。

でも4月29日は以前、「みどりの日」と呼ばれていたことをご存じ
ですか?

今、「みどりの日」は5月4日になっていますよね?

なぜ昭和天皇の誕生日が「みどりの日」となっていたのか?

その後、なぜ「みどりの日」が5月4日になったのか?

以前からこのブログで書いていますが、日本人って日本のことを
知らないことが多いのです。

上記の二つの疑問点、もし知らなかったらネット検索で簡単に
分かりますから調べてみましょう。

それでそれらの理由が分かったら、外国の人に説明するつもりで
自分でも言えるやさしい英語で言ってみましょう。

大切な事なので何度も書きます。

日本人英語学習がまず得るべき知識は日本のことであって英米の
ことではありません。

では、この話の続きはまた明日のブログで。

————————————————————————————-

*TOEICは2016年5月の公開テストより一部の問題形式が変更され
アップグレード版として実施されており、またその内容は徐々に
変化しつつあります。

ユーフォーリアのTOEIC講座では、新しい内容でのテスト対策を
どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

4月 29 2020

英語で説明する 今日は何の日?

2020年4月29日 (第1687回)

TOEIC講座を名古屋駅前のTOEIC専門スクール ユーフォーリアで
教えている満点講師の小島です。

—————————————————————————————

昨日のブログの続きを書きます。

今日は何の日でしょうか?

「昭和の日」ですよね。

昭和は令和、平成の前の元号であることはもちろんご存じでしょう。

では、なぜ今日が「昭和の日」なのか?

これは昭和天皇の誕生日に由来しています。

昭和の時代には「天皇誕生日」として祝日となっておりました。

では、一般的の今日から5月の連休終了までを日本では「ゴールデン
ウイーク」と呼びますよね?

なぜそんな名称がついているかご存じですか?

日本人って、日本のことを以外といらないのですよ。

7月4日がアメリカ合衆国の独立記念日だというのは世界史を勉強した
人なら誰でも知っているでしょう。

では、2月11日を日本では「建国記念の日」としているか、その
理由を知っていますか?

なぜ「建国記念日」と言わないのか、その理由を知っていますか?

アメリカの独立記念日のことは詳しいのに自分の国のことを意外と
知らない人が驚くほど多いのです。

ダメですよね、これでは。

だから、まず日本人英語学習が増やすべき知識は日本に関すること
です。

それを勉強したら、自分でも言える簡単な英語で説明してみましょう。

この他人に何かを説明するという作業も多くの日本人が苦手として
いますよね。

学校で鍛えらえていないからでしょう。

有名大学に行くのにその能力は全く問われていないですからね。

でも社会に出たらプレゼン能力の大切さは社会人の方なら誰でも
痛感することでしょう。

今日は「昭和の日」です。

その理由をあなたの英語で説明してみましょう。

正解は何か?を求めるのでなく、“私の説明はこれです”というのを
自分の頭で考えることが大切です。

正解なんてありません。通じれば全部OKです。

これが試験問題との大きな違いです。

ちなみに「昭和天皇」を英語ではEmperor Showa と称します。

順番が日本語と逆になります。

もし聞き手が年配の人なら私ならEmperor Hirohito と言い換え
ます。

彼らにはその言い方のほうがより理解しやすいからです。

コミュニケーションって、相手への思いやりだと私は常々思って
います。

—————————————————————————————–

*TOEICは2016年5月の公開テストより一部の問題形式が変更され
アップグレード版として実施されており、またその内容は徐々に
変化しつつあります。

ユーフォーリアのTOEIC講座では、新しい内容でのテスト対策を
どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

4月 28 2020

ちょっと不思議なLINEの世界3

2020年4月28日 (第1686回)

TOEIC講座を名古屋駅前のTOEIC専門スクール ユーフォーリアで
教えている満点講師の小島です。

—————————————————————————————-

昨日のブログの続きを書きます。

自分は誰だということをはっきりさせるのが当たり前のアメリカ的な
考え方とそんなこといちいち表明してくても分かるよね?という感覚の
日本式の考え方の違いがFacebook とLINEのプロフィール画像の違い
に表れているのではないかという話でしたね。

日本人が全て同じ性質を持っているわけではありませんが、多くの人が
他の人のやっていることをものすごく気にすることが多いですよね。

それは、よい意味で世間体を考えて行動することにもつながっているので
悪いことばかりではありません。

湘南の海が大渋滞になった後、それが問題視されると一気に訪問客数が
減少しましたよね。

世間の動向をしっかりと気にしているからやれる事で、これは大変良い
ことです。

早く外出規制を止めろとデモをしているアメリカ国民とはかなり
違いますよね。

日本人の多くが人がやっていると安心してやるし、人が止める
とすぐに右へ倣えになれるわけです。

だからランキングが大好きな人が多いですよね。

人の評価が気になるのですね。

食べ物屋さんのそれなどよくテレビでやっています。

何度も同じような企画をやっているのはそこそこ視聴率が取れる
からでしょう。

この他人の意見を気にしすぎることの問題点はまた別の機会に
書きます。

さて、明日からゴールデンウイークが始まります。

今年のブログでは日本の祝日について折に触れて書いてきましたが、
明日は何の日か分かりますか?

もし知らない人はググってみましょう。

さらになぜ4月29日が祝日なのかが理解出来たらそれを外国の
人=日本のことを知らない人に英語で説明してみましょう。

明日までの課題です。

是非ともチャレンジしてみて下さい。

—————————————————————————————–

*TOEICは2016年5月の公開テストより一部の問題形式が変更され
アップグレード版として実施されており、またその内容は徐々に
変化しつつあります。

ユーフォーリアのTOEIC講座では、新しい内容でのテスト対策を
どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

4月 27 2020

ちょっと不思議なLINEの世界3

2020年4月27日 (第1685回)

TOEIC講座を名古屋駅前のTOEIC専門スクール ユーフォーリアで
教えている満点講師の小島です。

—————————————————————————————-

昨日のブログの続きを書きます。

私が英語のブログにLINEにおける独特の文化について書いているのは
そこから日本人のコミュニケーション能力の低さを感じたからです。

日本には昔から「一を聞いて十を知る」とか「つーといえばかー」など
という表現がありますよね。

これは、“いちいち細かいことを言わなくても聞き手が理解出来る”
ことが前提になっている感じですよね。

例えばアメリカではそうはいきません。

なぜなら基本的に移民によって社会が成り立っていますから 日本の

ようにほぼ単一民族で構成されてきて社会とは事情が かなり違うの

です。

「いちいち言わなくても分かるよね?」という態度は通用しない
わけですね。

別の言い方をすると日本と違って話して側に説明責任がある 社会

なのです。

ですから彼らと英語で会話をしているとすぐにDo you know
what I mean? と尋ねてきます。

「今、自分が言ったことを理解してくれてますよね?」という ような

感じで、相手の様子をうかがう会話表現です。

日本語会話ではあまり言いませんよね。

LINEは日本で開発されて韓国をはじめてとする東アジア の国々で

普及しています。

Facebookはアメリカ人が作ってアメリカから日本に入って 来ま

した。

自分は誰だということをはっきりさせるのが当たり前の社会と
そんなこといちいち表明してくても分かるよね?という感覚の
社会。

この違いがLINEとFacebookに使用されているプロフィール 画像の

違いに表れているのかなあというのが私の推察です。

また、日本人の多くはは他人がやっていると安心してそれをやると
いう性質もありますね。

では、この話の続きはまた明日のブログで。

4月 26 2020

ちょっと不思議なLINEの世界2

2020年4月26日 (第1684回)

TOEIC講座を名古屋駅前のTOEIC専門スクール ユーフォーリアで
教えている満点講師の小島です。

———————————————————————————————-

昨日のブログの続きを書きます。

つい最近、LINEを使い始めた私にとってちょっと不思議な現象が
この通信アプリにはあり、そこからさらに日本人のコミュニケーション
能力不足に関する問題も考えてみようという話でしたね。

本来、相手のためにあるべきプロフィール画像に誰のアカウントなのか
分かるように写真を掲載している人がほとんどいないことにまず
驚いたのです。

Facebook のそれは逆です。

相当な比率で、日本人も誰のものか分かる写真を表示しています。

この差はどこから来ているのか?

私なりに考察してみました。

まず先に流行したのはFacebookでしたよね。

Facebookの特徴は皆さんの方が詳しいでしょうからここでは省略し
ますが、これはアメリカ人が作って、アメリカで普及したものが
日本に伝わりました。

ですから最初、アメリカのやり方を踏襲していたのではなかった
でしょうか。

一方のLINEはどうでしょう。

これは韓国資本の会社が作った通信アプリです。

ただし、LINEは日本で作られたそうで、本社は東京にあります
からある意味、日本企業とも言えます。

まあ、とにかくLINEは西洋人が作ったシステムではないという
ことです。

誰が作ったかはともかく、LINEが普及し始めた時、アメリカの
お手本はありませんでした。

そこで、日本独自の“お作法”で発達したのではないかと私はみて
います。

そこで何が変わったのか?

では、この話の続きはまた明日のブログで。

————————————————————————————–

*TOEICは2016年5月の公開テストより一部の問題形式が変更され
アップグレード版として実施されており、またその内容は徐々に
変化しつつあります。

ユーフォーリアのTOEIC講座では、新しい内容でのテスト対策を
どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

4月 25 2020

ちょっと不思議なLINEの世界

2020年4月24日 (第1683回)

TOEIC講座を名古屋駅前のTOEIC専門スクール ユーフォーリアで
教えている満点講師の小島です。

———————————————————————————–

今日はちょっといつもと違う話題について触れます。

皆さんはスマホアプリ・LINEを活用していますか?

もちろん、利用しているという人が圧倒的に多いですよね。

実は私、先週からやり始めました。

そんなLINE初心者からするとここには独特の“文化”があるなあと
感じました。

大人数と一度に、しかも無料で交信できるシステムは従来のメール

には ない大変便利で楽しい機能ですよね。

でも、一言も発しないのに“トーク”っていうネーミングはどうなの?
とまず感じました。(苦笑)

LINEのことを初めて知る人間にとっては“チャット”のように
相手と話が出来るものなのかと勘違いする可能性がありますよね。

まあ用語は一度覚えてしまえばそれでよしではありますが、、。

そしてLINE初心者の私が戸惑ったのがプロフィールで使用されて
いる画像についてです。

誰のものなのかが一目見て分かる写真を使っている人はほとんど
いない!!

Facebook では見られない現象でしょう。

ずっとLINEを使っている人からしたら当たり前のことでしょうが、
私にとっては不思議なことでした。

だって、プロフィール画像って何のためにあるのか考えてみて下さい。

自分のためではないですよね?

相手のために表示されるべきある種の情報源の一つでしょう。

日本人って他人のことを思いやれる点では世界最高レベルだと常々

思って いますが、コミュニケーション能力は残念ながら極めて低い

なあとこの 現象をみて、改めて感じました。

どういうことか?

またFacebook とLINEはなぜ異なる文化が存在しているのか?

この話の続きはまた明日のブログでご紹介していきます。

————————————————————————————————-

*TOEICは2016年5月の公開テストより一部の問題形式が変更され
アップグレード版として実施されており、またその内容は徐々に
変化しつつあります。

ユーフォーリアのTOEIC講座では、新しい内容でのテスト対策を
どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

4月 24 2020

“英語脳”を鍛えよう!

TOEIC講座を名古屋駅前のTOEIC専門スクール ユーフォーリアで
教えている満点講師の小島です。

—————————————————————————————-

昨日のブログの続きを書きます。

英語を日本語を介さないで、イメージして捉えることが極めて重要な
作業であることを書いてきました。

大量の英文をスラスラ読む人は例外なくこれをやれている人です。

あなたがTOEICテストで後半、長文を読むのに疲れてしまっている
原因の一つは日本語でその内容を考えているからです。

やらなくてもよい仕事をやっているのですから作業効率が悪い、つまり
疲れるし、時間がかかり過ぎるので制限時間内に全ての問題を解けない
のは当然のことなのです。

話を例文に戻します。

The Tokyo Olympic Games organizing committee and the
International Olympic Committee agreed on Monday that
the opening ceremony for the postponed Tokyo Olympics will
take place on July 23, 2021.

昨日のブログでon Monday までいきましたから、that 節の中の 表現を

確認していきましょう。

まずやるべきは主語と述語動詞が普通は登場するので、それらの 確認

です。

主語は前置詞の後にない、最初に出てくる名詞(ないしそれに代わる
語句)ですから、the opening ceremony が主語ですね。

for の次にある語句は絶対に主語になれないのです。

for the postponed Olympic Committeeが絶対に主語でないと断言できる
ことも大変重要ですよ。

述語動詞はwill take place ですね。

ですから「the opening ceremony がtake place される」ことがこの
that節の中で一番大切な情報になるのです。

最後に日付が記載されているので、その開催日がここで分かります。

その時もon July 23, 2021 を日本語で考えないクセをつけることが
大切ですよ。

英文と接している時は今後、100%この英語は英語で考える習慣を

徹底 的に取り組んでみて下さい。

あなたの英文リーディング力は飛躍的に向上します。

もちろん、それはTOEICテストでも大いに役に立ちます。

—————————————————————————————-

*TOEICは2016年5月の公開テストより一部の問題形式が変更され
アップグレード版として実施されており、またその内容は徐々に
変化しつつあります。

ユーフォーリアのTOEIC講座では、新しい内容でのテスト対策を
どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

4月 23 2020

英文リーディングで一番大切なこと7

2020年4月23日 (第1682回)

TOEIC講座を名古屋駅前のTOEIC専門スクール ユーフォーリアで
教えている満点講師の小島です。

—————————————————————————————

昨日のブログの続きを書きます。

英語を読んでいる時に日本語で考えるのは悪で、良いことは何もない
という話でしたね。

これ、本当に大切なことなのです。

多くの日本人英語学習は、これを耳にしたことはあるはずなのに
実践していません。

だから、英文リーディング能力が向上しないのです。

ではスラッシュリーディングと英文を英語で考える練習をしていき
ましょう。

別に難しいことではありませんからね。

練習すれば誰にでもやれるようになるます。

The Tokyo Olympic Games organizing committee and the
International Olympic Committee agreed on Monday that
the opening ceremony for the postponed Tokyo Olympics will
take place on July 23, 2021.

まず主語を意識します。

The Tokyo Olympic Games organizing committee さらにthe
International Olympic Committee。

この二者が何をしたか?

agree した。

ここまでを英語の世界で想像するのです。

頭の中で和訳しない練習をするのです。

次に見えるのがon Monday なのでここは時期をイメージします。

Monday なら「月曜日」なんて思わなくてもいつのことが理解 出来

ますよね?

“それくらいなら自分にも出来る”という範囲を広げていくことが
上達へのポイントです。

文字にして解説すると結構手間がかかりますが、上記の作業をほんの
数秒でやっていきます・

では、この話の続きはまた明日のブログで。

——————————————————————————————

*TOEICは2016年5月の公開テストより一部の問題形式が変更され
アップグレード版として実施されており、またその内容は徐々に
変化しつつあります。

ユーフォーリアのTOEIC講座では、新しい内容でのテスト対策を
どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

4月 22 2020

英文リーディングで一番大切なこと6

2020年4月22日 (第1681回)

TOEIC講座を名古屋駅前のTOEIC専門スクール ユーフォーリアで
教えている満点講師の小島です。

————————————————————————————-

昨日のブログの続きを書きます。

英文リーディング力を向上させるカギは“英語を日本語で考えない
習慣をみにつける”ことにあるというのが私の持論です。

ネイティヴでいちいち英語を和訳しながら読む人なんていません。

あなたが今よんでいる私のこの日本語の文章を同時通訳のように
英語にしながら読むことを想像してみて下さい。

とんでもなく難しいでしょ?

面倒でしょ?

英文を和訳しながら読むって、そういう非常に大きな負荷をかけながら
読んでいるのと同じなのです。

こう書くと多くの日本人英語学習が「英語を英語で考えるなんてやった
ことないし、そんなこと英語の苦手な自分には無理!」と主張します。
(苦笑)

やってみると意外と簡単なんですよ。

例を挙げますね。

下記の英語を日本語で考えないで、そのままいべーじ化=画像として
想像してみて下さい。

There are two apples on the table.

あなたが想像したイメージの中にテーブルがあって、そこにリンゴが
二つあればOKです。

それで完璧です。

簡単でしょ?英語を理解するって実はこういうことなのです。

日本語なんて一切要らないのです。これを実践出来たら英語は絶対に
やれるようになりますよ。

では、この解説の続きはまた明日のブログで。

日本語で考えてもあなたの英語力は向上しない。

——————————————————————————————-

*TOEICは2016年5月の公開テストより一部の問題形式が変更され
アップグレード版として実施されており、またその内容は徐々に
変化しつつあります。

ユーフォーリアのTOEIC講座では、新しい内容でのテスト対策を
どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

4月 21 2020

英文リーディングで一番大切なこと5

2020年4月21日 (第1680回)

TOEIC講座を名古屋駅前のTOEIC専門スクール ユーフォーリアで
教えている満点講師の小島です。

————————————————————————————–

昨日のブログの続きを書きます。

今週のブログで扱っている英文のthat節の中を検証していきましょう。

The Tokyo Olympic Games organizing committee / and the
International Olympic Committee / agreed / on Monday / that
the opening ceremony / for the postponed Tokyo Olympics / will
take place / on July 23, 2021.

主語は最初に出てくる名詞(ないしそれに代わる語句で前置詞の付いて
いないもの)でしたよね。

ですからthe opening ceremony だとすぐに分かります。

for の後にある名詞は絶対に主語になれません。

次に述語動詞が必要です。

主語が開会式ですから述語動詞はwill take place で問題ないですね。

「東京五輪の開会式が開催される」が主語と述語動詞=この文書の一番
大切な部分になります。

いつでしょうか?

on July 23, 2021.

来年の7月23日ですね。

大切なことなので何度も書きますが、July を和訳しないでそのまま
英語でこの月のことをイメージするクセをつけることが大切です。

さらに大切なことがあります。

日本語にしないで理解するので、訳しあげるなんて最低の行為です。

絶対にやってはいけませんよ。

そもそも英文に接している際に日本語を頭の中に思い浮かべること
自体、絶対にやってはいけないことです。

では、このやり方のさらなる解説はまた明日のブログでご紹介して
いきます。

—————————————————————————————-

*TOEICは2016年5月の公開テストより一部の問題形式が変更され
アップグレード版として実施されており、またその内容は徐々に
変化しつつあります。

ユーフォーリアのTOEIC講座では、新しい内容でのテスト対策を
どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

Next »

Copyright©2005 Euphoria All rights Reserved.