TOEIC®󌱑΍pXN[ ÉwO@[tH[A

TOP ݒn
ƓC [tH[A̓ uē utЉ 󌱂܂ł̗ eNXЉ NXʓ\
>>ブログトップへ

2月 12th, 2020

2月 12 2020

なぜ日本人は英語が苦手なのか?2

2020年2月12日 (第1613回)

TOEIC講座を名古屋駅前のTOEIC専門スクールユーフォーリアで
教えている満点講師の小島です。

——————————————————————————————-

なぜ2月11日は「独立記念日」でなく「建国記念の日」と呼ばれるのか?

「記念日」と称さないで「記念の日」となっているのはなぜか?
(実はこれにも意味があります)

それを英語でなら何と言えばよいのか?

昨日のブログではこれらの我が国の祝日に関する事項を知らない
という人はこの機会にご自分で調べてみましょうという話を書き
ました。

では、10日のブログの話の続きを書きます。

こちらはなぜ多くの日本人英語学習者は英語が話すのが苦手なのか
という命題でした。

いくつかの要因が考えられますが、やはり一番は学校教育にある
のではないでしょうか。

日本の試験、特に高校入試や大学入試は話せることを全く求めて
いません。

その必要がないのですから受験生はその練習はしないで、筆記試験
でハイスコアが取れるように勉強を積み重ねます。

また入試だけでなく、普段の学校内で実施される定期テストの
内容も同様なので若者が英語を話す機会が読んだり書いたりする
事と比べると極めて少ないわけです。

さらに教育内容だけでなく、日本語には他の言語と違う珍しい
特徴があって、それが私たちの英語学習者としての成長の妨げに
なっています。

何がそんなに違うのか?

この解説の続きはまた明日のブログで。

——————————————————————————————–

*TOEICは2016年5月の公開テストより一部の問題形式が変更され
アップグレード版として実施されており、またその内容は徐々に
変化しつつあります。

ユーフォーリアのTOEIC講座では、新しい内容でのテスト対策を
どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。
乞うご期待!

Copyright©2005 Euphoria All rights Reserved.