TOEIC®󌱑΍pXN[ ÉwO@[tH[A

TOP ݒn
ƓC [tH[A̓ uē utЉ 󌱂܂ł̗ eNXЉ NXʓ\
>>ブログトップへ

10月 9th, 2019

10月 09 2019

TOEICテストPart 7のチェックポイント4

< 

                                                            

昨日のブログの続きを書きます。

 

TOEICテストの最後のパート、長文読解問題では1問当たり1分以内

で解くことを目標とし、常に1分以上の余裕を持って進行して行くと

いう話でしたね。

 

例えば、No.160 を解き終えたら時点なら残り40問なので、最低でも

41分以上の時間を確保している必要があるわけです。

 

シングルパッセージ問題はNo.175で終わるので、残り25問。

 

3時に終わるテストなら25分+1分で26分ですから、時刻でいうと

2時34分になります。

 

その次のダブルパッセージ問題は10問あります。

 

No.185 で終わりますので、2時34分の10分後ですから、ここまでを

2時44分までに解き終えることになります。

 

残りはあと15問あるトリプルパッセージ問題を1問当たり1分以内で

解いていけば、制限時間内に必ず終了出来ます。

 

それが出来ないのはこのペースを守っていないからです。

 

 

TOEICだけを教える名古屋で最も歴史と実績のあるTOEIC専門

 スクール ユーフォーリアでは只今、10月開講の秋冬コースへの

 新規生を募集しています!

 

 

TOEIC20165月の公開テストより一部の問題形式が変更され

 アップグレード版として実施されており、またその内容は徐々に

変化しつつあります。

 

ユーフォーリアのTOEIC講座では、新しい内容でのテスト対策を

どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

乞うご期待!

                                         

Copyright©2005 Euphoria All rights Reserved.