TOEIC®󌱑΍pXN[ ÉwO@[tH[A

TOP ݒn
ƓC [tH[A̓ uē utЉ 󌱂܂ł̗ eNXЉ NXʓ\
>>ブログトップへ

10月 7th, 2019

10月 07 2019

TOEICテストPart 7のチェックポイント2

<    

                                                            

先週4日土曜日のブログの続きを書きます。

 

TOEICテストのパート7 長文読解問題のシングルパッセージ問題には

29問あり、その中間点はNo160前後になるので、そこで途中経過時刻

を確認するべきだという話でしたね。

 

ここで経過時刻の詳細を解説します。

 

パート6長文空所補充問題はNo.146で終わりますが、ここでの時刻

は3時ちょうどに終わる公開テストなら午後2時5分までに解き終える

ことを最低限の目標とします。

 

何度もこのブログで書いていますが大切なことなのでもう一度書き

ます。

 

この目標時刻はどんなにテスト内容があなたにとって難しい内容で

あっても超えてはいけないリミットだと肝に銘じて下さい。

 

パート7長文読解問題は1問1分以内で解くペースが目標です。

 

このペースをきちんと最後まで守って進行すれば、最低1分は時間を

余らせることが出来る設定になっています。

 

例えばあなたがTOEICテストを受けていて、長文読解問題がNo.157~

160 という4問固まりで出てきたとします。

 

No.160 に来ましたからここでまず最初の経過時間を確認するのです。

 

全部で200問あるのですから 200-160で残りは40問です。

 

1分余らせる設定で進行しているので、最低ここで残り41分以上残せて

いればOKです。

 

3時ちょうどに終わるテストの場合、その41分前ですから、2時19分に

なっていなければOKとなります。

 

では、さらに詳しい説明は明日のブログでご紹介していきます。

 

 

TOEICだけを教える名古屋で最も歴史と実績のあるTOEIC専門

 スクール ユーフォーリアでは只今、10月開講の秋冬コースへの

 新規生を募集しています!

 

 

TOEIC20165月の公開テストより一部の問題形式が変更され

 アップグレード版として実施されており、またその内容は徐々に

変化しつつあります。

 

ユーフォーリアのTOEIC講座では、新しい内容でのテスト対策を

どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

乞うご期待!

Copyright©2005 Euphoria All rights Reserved.