TOEIC®󌱑΍pXN[ ÉwO@[tH[A

TOP ݒn
ƓC [tH[A̓ uē utЉ 󌱂܂ł̗ eNXЉ NXʓ\
>>ブログトップへ

9月 26th, 2019

9月 26 2019

TOEICは時間との戦い4

             

 

TOEIC講座を名古屋駅前のTOEIC専門スクールユーフォーリアで

教えている満点講師の小島です。 

 

昨日のブログの続きを書きます。

 

リーディングテストの最初のパート5を一問当たり25秒以内で解いて

いき、全部で30問あるので、この短文空所補充問題は12分30秒以内

に解く。

 

また、それを実現するために途中でのチェックが大切だという話で

した。

 

一問解き終えるごとに時計を見ていてはその時間が無駄になります。

 

また一度も見ないのもよくないので、TOEIC専門塾ユーフォーリア

ではこのパートの中間地点で計測することとしています。

 

このパート5は30問あるので、中間地点はNo.115を説き終えた時に

なりますね。

 

ここまでを6分15秒以内で解いておく必要があるわけです。

 

しかし、実際のTOEICテストを受けている時に大切なのは何時何分

までにそこに到達すればよいかということになります。

 

“経過時刻” として把握しておくことが大切だということになります。

 

 

TOEIC公開テストを受けていて、リスニングテストをやり終えて、

6分15秒後というのは何時何分になるか分かりますか?

 

そんなこと考えた事もないという人が多いでしょう。

 

それではダメなのです。

 

準備不足です。

 

では、この地点で何時何分となるのか?

 

この話の続きはまた明日のブログで解説していきます。

 

 

TOEICだけを教える名古屋で最も歴史と実績のあるTOEIC専門

 スクール ユーフォーリアでは只今、10月開講の秋冬コースへの

 新規生を募集しています!

 

 

TOEIC20165月の公開テストより一部の問題形式が変更され

 アップグレード版として実施されており、またその内容は徐々に

変化しつつあります。

 

ユーフォーリアのTOEIC講座では、新しい内容でのテスト対策を

どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

乞うご期待!

Copyright©2005 Euphoria All rights Reserved.