TOEIC®󌱑΍pXN[ ÉwO@[tH[A

TOP ݒn
ƓC [tH[A̓ uē utЉ 󌱂܂ł̗ eNXЉ NXʓ\
>>ブログトップへ

6月 11th, 2019

6月 11 2019

場数を踏むしかない

<>                       

 

TOEIC講座を名古屋駅前のTOEIC専門スクールユーフォーリアで 

教えている満点講師の小島です。 

 

昨日のブログの続きを書きます。

 

日曜日のスポーツニュースを見ていたら二人の若きアスリートの活躍

を伝えていました。

 

一人はサッカー日本代表に史上二番目の若さでデビューを飾った久保

建英選手で、もう一人は陸上競技の100mで桐生選手の持つ日本記録

を上回ったサニブラン・ハキーム選手でした。

 

二人とも素晴らしい才能の持ち主であることは間違いありませんが、

久保選手が最初のシュートをした時にいつもは見られない“力み”

が見られたという解説をテレビで聞きました。

 

途中出場してすぐのプレーだったので平常心でいられなかったの

かもしれません。

 

またサニブラン選手は、最初の60mは上手くスタート出来たのに

ライバルに先行されたので、ちょっと焦りが出て、後半は走りに

“力み”が出て、ストライドに悪影響が出て、最後の伸びのなさ

につながったのだそうです。

 

二人とも共通していえるのは“経験不足”です。

 

力みなくプレーするには場数をふむしかないのです。

 

まだ二人とも十代の若さですから仕方がないのですが、はやり大切

なのは本番での経験を積むことなのですね。

 

この失敗を糧に二人ともさらなる飛躍をしてくれることでしょう。

 

さて、あなたは英語学習者として十分な場数を踏んでいるでしょうか?

 

 

では、この話の続きはまた明日のブログで。

 

 

TOEIC20165月の公開テストより一部の問題形式が変更され

 アップグレード版として実施されています。

 

ユーフォーリアのTOEIC講座では、新しい内容でのテスト対策を

どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

乞うご期待!

Copyright©2005 Euphoria All rights Reserved.