TOEIC®󌱑΍pXN[ ÉwO@[tH[A

TOP ݒn
ƓC [tH[A̓ uē utЉ 󌱂܂ł̗ eNXЉ NXʓ\
>>ブログトップへ

6月 9th, 2019

6月 09 2019

日本の社会でも堂々と自己主張すべし3

 

 

TOEIC講座を名古屋駅前のTOEIC専門スクールユーフォーリアで 

教えている満点講師の小島です。 

 

昨日のブログの続きを書きます。

 

日本の人の多くは、明らかに自分に不利益なことが発生していても

そこで我慢してしまいます。

 

他人の気持ちを推し量ってそうしている部分もあるので、一概に

それは短所だともいえないのですが、やはり言うべき時には言う

という姿勢も状況によっては必要となります。

 

大事なリスニングテストを受けていて、明らかに機器の不調で聴き

取れない事態が発生しているのにアピールしないなどということは、

おそらく外国ではあり得ないことでしょう。(苦笑)

 

この体験を通じて、日本人英語学習者の上達の遅さの要因の一つは

この消極性にあると私は改めて感じました。

 

日本には「出る杭は打たれる」ということわざがありますが、西洋

にはこのようなことわざは一般的にはないそうです。

 

それは、そうでしょう。

 

そもそも「みんなと同じことをやっていないとまずい」という発想が

ない人達ですから、格言も作られはしないわけです。

 

日本人の良さである“他人の気持ちを思いやる”精神は持ちつつ、

自己主張するべき時には断固そうする。

 

この両方のバランスが大事であると私は思っています。

 

なぜなら“自己主張”の精神がない人は英語を早く上手くなれない

からです。

 

では、この話の続きはまた明日のブログで。

 

 

TOEIC20165月の公開テストより一部の問題形式が変更され

 アップグレード版として実施されています。

 

ユーフォーリアのTOEIC講座では、新しい内容でのテスト対策を

どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

乞うご期待!

Copyright©2005 Euphoria All rights Reserved.