TOEIC®󌱑΍pXN[ ÉwO@[tH[A

TOP ݒn
ƓC [tH[A̓ uē utЉ 󌱂܂ł̗ eNXЉ NXʓ\
>>ブログトップへ

4月 21st, 2019

4月 21 2019

自分の英語でまずは考える4

<         

 

TOEIC講座を名古屋駅前のTOEIC専門スクールユーフォーリアで

教えている満点講師の小島です。 

 

昨日のブログの続きを書きます。

 

「逆転勝ちする」はcome from behind to win という言い方が英語

では出来るという話でしたね。

 

もちろんこれ以外の表現が用いられることもありますが、最も一般的

な言い方の一つです。

 

では、次の課題です。

 

「タイガーは“11年ぶりに”メジャー大会に優勝した」と言いたい

場合何と英語で表現すればよいでしょうか?

 

“~ぶり”という言い方を知っていますでしょうか?

 

この言い方は英語にもありますが、日本語のそれとはかなり違います。

 

英語表現として存在してもしていなくても、もしあなたが知らなけ

れば無いのと同じです。

 

まずは和英辞典やネット検索などに頼らないで、今あなたが言える

英語表現で「11年ぶり」を何と言えば良いのかを考えてみて下さい。

 

このプロセスをしないことが日本人英語学習者の一番ダメなところ

だと私は常々思っています。

 

さあ、一度チャレンジしてみて下さい。

 

この解説の続きはまた明日のブログで。

 

 

TOEIC20165月の公開テストより一部の問題形式が変更され

 アップグレード版として実施されています。

 

ユーフォーリアのTOEIC講座では、新しい内容でのテスト対策を

どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

乞うご期待!

 

Copyright©2005 Euphoria All rights Reserved.