TOEIC®󌱑΍pXN[ ÉwO@[tH[A

TOP ݒn
ƓC [tH[A̓ uē utЉ 󌱂܂ł̗ eNXЉ NXʓ\
>>ブログトップへ

12月 5th, 2018

12月 05 2018

知らなくても心配は無用!2

 

 

TOEICレッスンを名古屋駅前のTOEIC専門スクールで教えている講師 

の小島です。 

 

昨日のブログ続きを書きます。

 

知らない略語などはもし見出しを見ても理解出来なくても、記事を

読めばそこに解説してあるので心配する必要はないという話でした

ね。

 

例えば、この英語表現を知っていますか?

 

lie in state

 

おそらくほとんどの人が知らないでしょう。

 

頻繁に使う表現ではないですし、TOEIC必須熟語でもありません。

 

今日の英字新聞の見出しにこの表現が用いられていました。

 

Bush Sr. lies in state

 

日本語でニュースを見ている人なら Bush Sr. とは先日亡くなった

ブッシュ元大統領(お父さんの方)だとすぐに分かりますよね。

 

Sr. とは「シニア」のことです。

 

息子さん=「ジュニア」も元大統領ですから、二人を区別しています。

 

今日の日本語の新聞を読めば、彼の遺体が米国連邦議事堂に安置された

ことが分かります。

 

つまり、この見出しはそれを表わしているわけです。

 

 

TOEIC20165月の公開テストより一部の問題形式が変更され

 アップグレード版として実施されています。

 

ユーフォーリアのTOEIC講座では、新しい内容でのテスト対策を

どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

乞うご期待!

Copyright©2005 Euphoria All rights Reserved.