TOEIC®󌱑΍pXN[ ÉwO@[tH[A

TOP ݒn
ƓC [tH[A̓ uē utЉ 󌱂܂ł̗ eNXЉ NXʓ\
>>ブログトップへ

5月 19th, 2018

5月 19 2018

最も効率よく作業を進めるための工夫3

 

 

TOEIC講座を名古屋駅前のTOEIC専門スクールで教えている講師 

の小島です。 

 

昨日のブログの続きを書きます。

 

TOEICを受けている時、リスニングテスト中には消しゴムを消す

ためには絶対に用いないのが“ユーフォーリア流”だという話で

したね。

 

Part3会話問題とPart4説明文問題では正解のヒントを聞き逃すのを

防止するためとも書きました。

 

Part1写真描写問題とPart2応答問題では別の理由で消しゴムの

使用をしないようにユーフォーリアの受講生には指導しています。

 

それは、消しゴムを使う=雑音を発生させることが周囲の人の迷惑

になるからです。

 

人間は自分が出しているノイズは全く気にならないのですが、他人

にはそれがとても気になるものです。

 

あなたが消す作業をして、うるさくしている間に正解のヒントが

出てくることもあり得ます。

 

ですから、他人を妨害するような行為をすることは、人としてダメ

だと私は思うので、リスニングテスト中の消しゴムの使用を禁じて

いるのです。

 

では、間違えたらどうするのか?

 

簡単な話です。

 

鉛筆ですぐに訂正します。

 

間違えた箇所にラインなどを引き、正しく記入したい所にマーキング

をしておきます。

 

もちろん、そのままではいけませんが、まずは周囲の人に迷惑をかける

ことなく、素早くそのピンチを脱出することが大切なのです。

 

さらにこの次にやるべき作業については、また明日のブログで解説して

いきます。

 

TOEIC20165月の公開テストより一部の問題形式が変更され

 アップグレード版として実施されています。

 

TOEIC専門塾ユーフォーリアでは、新しい内容でのテスト対策を

どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

乞うご期待!

Copyright©2005 Euphoria All rights Reserved.