TOEIC®󌱑΍pXN[ ÉwO@[tH[A

TOP ݒn
ƓC [tH[A̓ uē utЉ 󌱂܂ł̗ eNXЉ NXʓ\
>>ブログトップへ

5月 17th, 2018

5月 17 2018

最も効率よく作業を進めるための工夫2

 

 

TOEIC講座を名古屋駅前のTOEIC専門スクールで教えている講師 

の小島です。 

 

昨日のブログの続きを書きます。

 

問題用紙への書き込みが厳しく禁止されているTOEICテストにおい

ては下読みの再開箇所を示しておくのに消しゴムを置いておくと

よいという話でしたね。

 

消しゴムにはある程度の厚みがありますので、そこに置いておくと

ページを閉じてもそこが浮いた状態になってくれます。

 

浮いていれば、すぐにそこに指を差し込んで、ピンポイントで素早く

下読み作業を再開することが容易になるのです。

 

ちょっとした工夫ですが、私はこれが最善だと思ってずっと実践して

います。

 

細部にこだわらない人は大きな成果は出せません。

 

また、消しゴムをマーカー代わりに使うようになると消しゴムが使え

なくなります。(2個以上用意していれば別ですが)

 

これもまた利点となります。

 

ユーフォーリアでは“リスニングテスト中は絶対に消しゴムは消す

ためには使わない”ことを指導しています。

 

なぜだか分かりますか?

 

もちろん、これにも非常に重要な意図があってそうしているのです。

 

では、この話の続きはまた明日のブログで。

 

 

TOEIC20165月の公開テストより一部の問題形式が変更され

 アップグレード版として実施されています。

 

TOEIC専門塾ユーフォーリアでは、新しい内容でのテスト対策を

どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

乞うご期待!

Copyright©2005 Euphoria All rights Reserved.