TOEIC®󌱑΍pXN[ ÉwO@[tH[A

TOP ݒn
ƓC [tH[A̓ uē utЉ 󌱂܂ł̗ eNXЉ NXʓ\
>>ブログトップへ

5月 15th, 2018

5月 15 2018

アップグレード版における様々な変化4

 

 

TOEIC講座を名古屋駅前のTOEIC専門スクールで教えている講師 

の小島です。 

 

昨日のブログの続きを書きます。

 

Part1写真描写問題は、p.3 からNo.1が始まり、1ページには2枚の

写真掲載があるので、No.2が終わるとその次のp.4にいくことを促す

アナウンス、Go on to the next page. があるという話でしたね。

 

実はこのインターバルは14秒もあります。

 

この時間をどう有効活用するか。

 

まず4ページにいきます。

 

右利きの人なら左手でそれをするでしょう。右手には鉛筆を持って

いるはずですから。

 

次にそのページを左手の指でつまんだまま、テスト開始直後にやって

いたPart3ないし、Part4の事前の下読みを再開するのです。

 

わずか14秒ですが、されど14秒です。

 

私ならこの時間を利用して3問くらいすぐにチェックしてしまいます。

 

そのためには自分が下読みを再開したい箇所=そのページをすぐに

開くことが大切です。

 

どこからやり直せばよいのか思案したり、ページをめくりながら探して

いる暇はありません。

 

ユーフォーリアでは自分の再開ポイントに瞬時に戻れる方法もちゃんと

指導しています。

 

では、この解説はまた明日のブログで。

 

 

TOEIC20165月の公開テストより一部の問題形式が変更され

 アップグレード版として実施されています。

 

TOEIC専門塾ユーフォーリアでは、新しい内容でのテスト対策を

どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

乞うご期待!

Copyright©2005 Euphoria All rights Reserved.