TOEIC®󌱑΍pXN[ ÉwO@[tH[A

TOP ݒn
ƓC [tH[A̓ uē utЉ 󌱂܂ł̗ eNXЉ NXʓ\
>>ブログトップへ

5月 1st, 2018

5月 01 2018

新しいタイプの問題への対応

 

 

TOEIC講座を名古屋駅前のTOEIC専門スクールで教えている講師 

の小島です。 

 

昨日のブログの続きを書きます。

 

肝心なのは“発言問題”と“図表問題”という新しく加わったタイプ

の問題には少し余分に事前の準備が必要だということでしたね。

 

この2タイプはPart3と4の両方に存在します。

 

しかし、前者と後者では、位置が異なります。

 

“発言問題”は、ランダムに登場するので、どこに出てくるのか事前

には分かりません。

 

見つけるのが少し難しくなります。

 

一方、“図表問題”の位置は明確です。

 

これは、Part3も4もどちらも各パートの最後に記載されます。

 

ですから、見つけることが極めて容易です。

 

私は、テストの問題用紙の何ページにそれがあるかも把握している

のです、すぐに見つけられます。

 

すぐに見つけられる方と、見つけるのが難しい方、どちらからまず

手を付けるとスムーズに作業が始められると思いますか?

 

当然、前者ですよね?

 

では、さらに詳しい解説は、また明日のブログで。

 

 

TOEIC20165月の公開テストより一部の問題形式が変更され

 アップグレード版として実施されています。

 

TOEIC専門塾ユーフォーリアでは、新しい内容でのテスト対策を

どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

乞うご期待!

Copyright©2005 Euphoria All rights Reserved.