TOEIC®󌱑΍pXN[ ÉwO@[tH[A

TOP ݒn
ƓC [tH[A̓ uē utЉ 󌱂܂ł̗ eNXЉ NXʓ\
>>ブログトップへ

4月 16th, 2018

4月 16 2018

“図表問題”の基本的な解き方7

 

 

TOEIC講座を名古屋駅前のTOEIC専門スクールで教えている講師 

の小島です。 

 

14日土曜日に入学説明会を実施しました。

 

そこでこの“ユーフォーリア流”の“図表問題”の解答法をレッスン

しましたが、皆さんその効率のよさに感心されていました。

 

ちょっとした工夫なのですが、そのような細かい作業の積み重ねが

とてつもなく大きな成果を出すことになるのです。

 

入学説明会といえば、今期も前期に引き続き説明会に参加して

いただいた方、全員に入学を決めていただきました。

 

説明会の内容に全ての皆さんが納得し、期待をして頂いている

ことに大きな喜びと責任を感じます。

 

春夏コースもさらに気を引き締めて取り組みたいと決意を新たに

しております。

 

 

さて、昨日のブログの続きを書きます。

 

“発言問題”と“図表問題”の比率が2:3、または3:2となって

いることは知っていても活用出来なければ何の意味もありません。

 

ちなみにこの比率はPart4 説明文問題でも適用されています。

 

さらにPart3会話問題でこの比率が2:3の時はPart4 ではその逆の

3:2になり、Part3が3:2の時はPart4では2:3となっています。

 

これを生かすことが出来ない人達にはどうでもいい話でしょうが、

私は大いに活用しますので、この法則を把握して、利用することを

とても重要視しています。

 

TOEIC20165月の公開テストより一部の問題形式が変更され

 アップグレード版として実施されています。

 

TOEIC専門塾ユーフォーリアでは、新しい内容でのテスト対策を

どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

乞うご期待!

Copyright©2005 Euphoria All rights Reserved.