TOEIC®󌱑΍pXN[ ÉwO@[tH[A

TOP ݒn
ƓC [tH[A̓ uē utЉ 󌱂܂ł̗ eNXЉ NXʓ\
>>ブログトップへ

2017年12月

12月 31 2017

一年の締めくくり

 

 

 

TOEIC講座を名古屋駅前のTOEIC専門スクールで教えている講師 

の小島です。 

 

月日の経つのは本当に早く、今年も今日で終わりですね。

 

皆さんにとって今年はどんな年だったでしょうか。

 

来年は平成30年。

 

私が初めて海外に長期滞在したのがちょうど30年前でした。

 

滞在先のニュージーランドで昭和天皇の大喪の礼のニュースを現地

のテレビで観た記憶があります。

 

あれから30年。

 

光陰矢のごとしです。

 

あと1年4ヶ月ほどで元号も変わるようですし、来年は節目の年に

なりそうですね。

 

私個人としては、来年一年間、毎日必ず自分を鍛えることを目標に

定めました。

 

とてつもない場所へ到達するには小さなことを積み重ねるしかない

ですからね。

 

皆様もどうぞよいお年をお迎えください。

 

TOEIC20165月の公開テストより一部の問題形式が変更され

 アップグレード版として実施されています。

 

TOEIC専門塾ユーフォーリアでは、新しい内容でのテスト対策を

どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

乞うご期待!

12月 30 2017

技術を向上させるために

 

 

 

TOEIC講座を名古屋駅前のTOEIC専門スクールで教えている講師 

の小島です。 

 

結局、どんなことでも上手になりたい人はその分野で必要や技術を

身に付け、それを向上させるしかありません。

 

そのためには練習・練習・練習しかないのです。

 

当たり前の話です。

 

でもその当たり前のことをちゃんとやった人が成功者になれるの

です。

 

ただし、ほとんどの人はその単調な作業にやがて飽きてしまい、

その歩みを止めてしまうのです。

 

それでは絶対に上手くはなれません。

 

技術向上トレーニングを怠る人の特徴として、その有益性を理解して

いないことが挙げられます。

 

なぜその訓練をしているのか。

 

それが分かっていないから、ただやらされる練習となってしまい、

やがて飽きたらそこで終わりになってしまうのです。

 

なぜ、何のためにその練習をやっているのか。

 

それを習得するとどんな良いことが起こるのか。

 

その意義をしっかりと理解してから練習には取り組むべきです。

 

 

TOEIC20165月の公開テストより一部の問題形式が変更され

 アップグレード版として実施されています。

 

TOEIC専門塾ユーフォーリアでは、新しい内容でのテスト対策を

どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

乞うご期待!

12月 29 2017

年の瀬に改めて思うこと

 

 

 

TOEIC講座を名古屋駅前のTOEIC専門スクールで教えている講師 

の小島です。 

 

年の瀬に改めて思うこと。

 

やはり大きな成果を出したいのなら小さな努力の積み重ねを愚直に

繰り返すことが唯一、かつ最良の方法だということです。

 

私は個人的に英語学習以外で、今ちょっとした“修行”を一年ほど

前から始めているのですが、どんなことでも自分のやりたい技術を

習得したいのなら毎日少しずつ反復練習するしかありません。

 

英語の習得やTOEICのスコアアップでも全く同じことが言えます。

 

今、私はこの文章を自分のパソコンのキーボードで入力しています。

 

30年近く前の話になりますが、生まれて初めてキーボードに触った

時にはどこに何のキーがあるのかなど何も知りませんでした。

 

どうやったら指先を見ないでキーを打てるようになるのかなど

さっぱり分からず、自分には出来ないのではないかと勝手に想像

していました。

 

でも今はそれが出来ます。

 

なぜか?

 

練習したからです。

 

練習すればこれくらいのことは誰でも出来るようになるものです。

 

TOEICのスコアアップも同じです。

 

正しい練習を積み重ねれば誰でも実現可能です。

 

それを信じて最後まで諦めない人は必ず勝てます。

 

 

TOEIC20165月の公開テストより一部の問題形式が変更され

 アップグレード版として実施されています。

 

TOEIC専門塾ユーフォーリアでは、新しい内容でのテスト対策を

どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

乞うご期待!

12月 28 2017

今年の反省と来年の抱負

 

 

 

TOEIC講座を名古屋駅前のTOEIC専門スクールで教えている講師 

の小島です。 

 

いよいよ今年も残りわずかとなりましたね。

 

今日が仕事納めという方も多いかと思います。

 

私はユーフォーリアのレッスンで来年以降使用するオリジナルの教材

をずっと作成しておりますので、年末年始でものんびりするという

わけにはいきません。

 

一年半前にアップグレードされたTOEICテストの内容もだいぶ

定まってきた印象があります。

 

もちろん多少の変化は今後もあるでしょうが、対策を大きく変化

させる必要はもうないと思っています。

 

来年はさらにレッスン内容を進化させて、より良い教材を作成し、

ユーフォーリアの受講生の皆さんがもっと大幅にスコアアップが

出来るように尽力したいと思っています。

 

皆さんにとってはどんな年だったでしょうか?

 

TOEIC20165月の公開テストより一部の問題形式が変更され

 アップグレード版として実施されています。

 

TOEIC専門塾ユーフォーリアでは、新しい内容でのテスト対策を

どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

乞うご期待!

12月 27 2017

信は力なり2

 

 

 

TOEIC講座を名古屋駅前のTOEIC専門スクールで教えている講師 

の小島です。 

 

前回のブログの続きを書きます。

 

キタサンブラックと北島三郎さんの出会いに関するエピソードです。

 

私はてっきりオークションなどで競り落として購入したのかと勝手に

思っていました。

 

実際には北海道の牧場に北島さんが視察に出向いた際に何となく気に

なる存在の馬が一頭いて、それがキタサンブラックだったそうです。

 

サラブレッドなので当然、他の馬主さん達も見ているはずですが、

買い手が付かない状態だった時に北島さんがそれほど大きな期待も

なく購入することになったのだそうです。

 

その馬がまさか史上最高額の賞金を稼ぎだすようになるなど北島さん

本人も含めて誰一人想像しなかったでしょう。

 

もっと高い資金で購入してもっと期待した馬はたくさんいたそうです

が、運命とは不思議なものですよね。

 

結局、北島三郎さんの信念がとてつもない成果を生み出したのです。

 

“信は力なり”。

 

 

TOEIC20165月の公開テストより一部の問題形式が変更され

 アップグレード版として実施されています。

 

TOEIC専門塾ユーフォーリアでは、新しい内容でのテスト対策を

どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

乞うご期待!

12月 26 2017

信は力なり!

 

 

 

TOEIC講座を名古屋駅前のTOEIC専門スクールで教えている講師 

の小島です。 

 

前回のブログの続きを書きます。

 

“信は力なり!”

 

伏見工業高校ラグビー部山口良治総監督が好んで使われた言葉です。

 

山口先生はテレビドラマの“スクールウォーズ”のモデルになった

方です。

 

実際に京都の伏見工業高校が初めて全国優勝した時のキャプテンは

後に“ミスターラグビー”と呼ばれた平尾誠二氏でした。

 

その平尾氏は今年、大変残念なことに亡くなられました。

 

伏見工業高校という名前も統廃合のため来年からはもう使われなく

なるようです。

 

寂しい話ですが、新しい歴史を創っていくしかありませんね。

 

日曜日の有馬記念で優勝したキタサンブラックのオーナー・北島三郎

さんは馬主になって30年以上芽が出なかったそうです。

 

彼が演歌歌手として稼いだ莫大なお金が馬の育成資金で無くなって

しまうこともあったかもしれません。

 

大損しても彼は決して諦めませんでした。

 

勝ち負けではなく、とにかく自分と同じ北海道から上京して頑張って

いる競馬馬たちを応援したかったのだそうです。

 

日曜日の競馬中継をテレビで観ていて、30年経ってついに競馬の

神様がサブちゃんの気概に根負けしたような気がしました。

 

“信は力なり”。

 

この言葉を改めて噛みしめさせてくれる素晴らしい光景でした。

 

 

TOEIC20165月の公開テストより一部の問題形式が変更され

 アップグレード版として実施されています。

 

TOEIC専門塾ユーフォーリアでは、新しい内容でのテスト対策を

どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

乞うご期待!

12月 25 2017

IPテストを実施するスクール2

 

 

 

TOEIC講座を名古屋駅前のTOEIC専門スクールで教えている講師 

の小島です。 

 

前回のブログの続きを書きます。

 

先週、ユーフォーリアでは今年最後のTOEIC IPテストを主催しま

した。

 

ユーフォーリアのレッスンは半年コースで開催していますが、

その中間試験と期末試験という位置づけで年間4回実施して

います。

 

IPテストは当然ですが費用もかかりますし、試験会場の確保など

試験を実施するのは簡単な話ではありません。

 

ですから世の中のほとんどのスクールさんは自らそれをやろうと

しません。

 

私はやります。

 

自分で出来る範囲のことは最善をつくすのが“ユーフォーリア流”

だという自負があるからです。

 

それぞれの受講生の皆さんに個別にアドバイスをしていけるので

これを止める考えは毛頭ありません。

 

 

“信は力なり”

 

私の大好きな言葉の一つですが、昨日の競馬、有馬記念でもそれが

実証されたようで大変嬉しかったです。

 

サブちゃん、キタサンブラック、優勝おめでとうございます!!

 

 

TOEIC20165月の公開テストより一部の問題形式が変更され

 アップグレード版として実施されています。

 

TOEIC専門塾ユーフォーリアでは、新しい内容でのテスト対策を

どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

乞うご期待!

12月 23 2017

TOEIC IPテストを実施するスクール

<>

 

 

TOEIC講座を名古屋駅前のTOEIC専門スクールで教えている講師

の小島です。 

 

ユーフォーリアでは年間で4回のTOEIC IPテストを主催して全受講生

の皆さんに受験するチャンスを増やしています。

 

大手企業や大学ではこのIPテストを開催するのは当たり前になって

きましたが、スクールでこれを定期的に年間に4回も開催している

所はまずないでしょう。

 

TOEIC専門スクールとして、ユーフォーリアが設立以来ずっと続けて

いるこだわりの一つです。

 

おそらく、現在では年間に10回の公開テストが開催されているので、

十分に受験のチャンスはあるというのが、IPテストを主催しない

スクールさんの言い分でしょう。

 

私は違います。

 

公開テスト=本番のテストを私が視察に行くわけにはいきません。

 

私自身も毎回受けていますし、数十人もいる生徒さんのケアは

一度に出来ません。

 

しかし、IPテストを自ら主催すれば、自分の全ての生徒さんが

実際にこの試験を受けている様子をチェック出来ます。

 

そこからアドバイス出来ることはたくさんあります。

 

普段のレッスンで出来ていることが本番でもやれているかを確認する

ことも出来ます。

 

これがユーフォーリアがずっとこだわり続けている最大の理由です。

 

 

今日、受験するユーフォーリア生の皆さんには是非とも全員、自己

ベストスコア更新を達成していただきたいと思います。

 

 

TOEIC20165月の公開テストより一部の問題形式が変更され

 アップグレード版として実施されています。

 

TOEIC専門塾ユーフォーリアでは、新しい内容でのテスト対策を

どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

乞うご期待!

12月 22 2017

TOEICは単純な足し算でスコアを決めない4

 

 

 

TOEICを名古屋駅前のTOEIC専門スクールで教えている講師の 

小島です。 

 

昨日のブログの話の続きを書きます。

 

TOEICテストではごく稀にですが、英語力の高い人達の正答率が

低目で、逆に英語力の高くない人達のそれが高めになってしまう

逆転現象を起こす問題があるそうです。

 

センター入試や英検なら、そんな不適格な問題があってもそのまま

採点基準に加えられます。

 

しかし、TOEICではその問題が受験者全体の力を測る物差しとして

相応しくないものだと判断した場合、採点対象そのものから除外して

しまうのです。

 

コンピューターに採点させるとこんなことは簡単にやれてしまいます。

 

さらに我々受験者にはそれが実施されたかどうかは知らされませんし、

やられてもこちらには分かりません。

 

この話は私が憶測でしているのではなく、TOEIC運営委員会さん

から直接聞いたものなので間違いありません。

 

TOEICテストがマークシート方式の試験であるにもかかわらず、

かなり正確にその時の受験者のスコアをはじき出せる秘密の一つが

こういった独自の採点方法を採用している点にあるのです。

 

 

TOEIC20165月の公開テストより一部の問題形式が変更され

 アップグレード版として実施されています。

 

TOEIC専門塾ユーフォーリアでは、新しい内容でのテスト対策を

どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

乞うご期待!

12月 21 2017

TOEICは単純な足し算でスコアを決めない3

 

 

 

TOEICを名古屋駅前のTOEIC専門スクールで教えている講師の 

小島です。 

 

昨日のブログの話の続きを書きます。

 

TOEICテストではまず基本的な問題で失点しないことが極めて

大切であるという話でしたね。

 

ですからケアレスミスは絶対に防ぎたいのです。

 

TOEICという試験は非常にユニークな採点方法を採用しています。

 

例えばある問題の採点で下記のような現象が発生したとします。

 

普通なら初級レベルの人の正答率は低く、中級レベルの人のそれは

少しそれより高めで、上級レベルの人の正答率がさらに高くなる

ものです。

 

当然のことですよね。

 

ただし、ごく稀にこのようにならない問題が作られてしまうことが

あるそうです。

 

つまり、上記のパターンが乱れてしまうのです。

 

このような事態が発生した場合、TOEICはどういう処置を取ると

思いますか?

 

知らない人が聞いたらビックリするようなことがやられています。

 

では、この話の続きはまた明日のブログで。

 

 

TOEIC20165月の公開テストより一部の問題形式が変更され

 アップグレード版として実施されています。

 

TOEIC専門塾ユーフォーリアでは、新しい内容でのテスト対策を

どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

乞うご期待!

Next »

Copyright©2005 Euphoria All rights Reserved.