TOEIC®󌱑΍pXN[ ÉwO@[tH[A

TOP ݒn
ƓC [tH[A̓ uē utЉ 󌱂܂ł̗ eNXЉ NXʓ\
>>ブログトップへ

11月 11th, 2017

11月 11 2017

日本語って本当に難しい2

 

 

 

TOEICを名古屋駅前のTOEIC専門スクールで教えている講師の 

小島です。 

 

昨日のブログの続きを書きます。

 

英語に比べると日本語はかなり難しいという話でしたね。

 

英語もスペルと読み方の違う単語はありますが、日本語の漢字の

ように4通りもあるようなことはありません。

 

数え方における日本語の特殊性は“恐ろしい”ものがあります。

 

「一本」は“いっぽん”と読みます。

 

では「二本」は“にぽん”かというとさにあらずで“にほん”に

なりますよね。

 

「三本」は“さんぼん”です。

 

「四本」は“よんほん”ですが、うちの父などはよく“しほん”と

言います。

 

一体どう読めばいいのか?学習者にとっては法則性が見いだせない

ので非常に難儀をするのです。

 

「本」という単位の読み方も複雑ですが、日本語では「なな」と

「しち」のように数字の読み方自体が複数ありますよね。

 

こんな言語はメジャーなものでは日本語だけだそうです。

 

日本語って結構難しいですよ。

 

 

TOEIC20165月の公開テストより一部の問題形式が変更され

 アップグレード版として実施されています。

 

TOEIC専門塾ユーフォーリアでは、新しい内容でのテスト対策を

どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

乞うご期待!

Copyright©2005 Euphoria All rights Reserved.