TOEIC®󌱑΍pXN[ ÉwO@[tH[A

TOP ݒn
ƓC [tH[A̓ uē utЉ 󌱂܂ł̗ eNXЉ NXʓ\
>>ブログトップへ

9月 13th, 2017

9月 13 2017

作るだけではダメなのです2

 

 

TOEICを名古屋駅前のTOEIC専門スクールで教えている講師の 

小島です。 

 

昨日のブログの続きを書きます。

 

一度覚えたつもりの単語や文法事項などをもし忘れてしまったら

特に注意して、それらを再編集してもう一度復習し直すことが

大切だということでしたね。

 

そこでもいつまでも同じ内容のデータをチェックし続けるのでは

なく、1週間経ったら再度確認作業をします。

 

これはボイスレコーダーを利用した復習方法に限らず、復習ノート

の活用も同様にします。

 

復習ノートに自分がマスターするべき事を書き溜めていき、それら

を何度も見直すことは多くの方々が実践していることかと思います

が、ある程度の時間が経過したらそれらを再チェックして、覚えた

事項とまだ出来ていないことを区別することが大切です。

 

ボイスレコーダーのデータと違い、ノートでは消すのは簡単ではない

ので、再チェックした際にまだ完璧に自分のものになっていない

事項を再編集していきます。

 

例えば覚えるべき事項が30項目あったとします。1週間、ボイス

レコーダーで聴き続けて、復習ノートで観続ければほとんどの事は

覚えられるはずです。

 

それでもあやふやな事項がある場合、それらだけを再度まとめて

さらにもう1週間、聴き続けるのです。

 

これでマスター出来ない事などあり得ません。

 

“嫌でも覚えてしまう”状態を自ら作っていくことが大切なの

です。

 

TOEIC20165月の公開テストより一部の問題形式が変更され

 アップグレード版として実施されています。

 

TOEIC専門塾ユーフォーリアでは、新しい内容でのテスト対策を

どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

乞うご期待!

Copyright©2005 Euphoria All rights Reserved.