TOEIC®󌱑΍pXN[ ÉwO@[tH[A

TOP ݒn
ƓC [tH[A̓ uē utЉ 󌱂܂ł̗ eNXЉ NXʓ\
>>ブログトップへ

ブログ

7月 07 2019

一つの質問から話をさらに広げる3

 

 

TOEIC講座を名古屋駅前のTOEIC専門スクールユーフォーリアで 

教えている満点講師の小島です。  

 

昨日のブログの続きを書きます。

 

英会話を上手になるためのコツを解説しています。

 

結局、たくさん英語を自分で話した人が上手くなれる。

 

話す量が少ない人はその分、上手くなれない。

 

単純明快な答えがそこにあります。

 

海外に行っても自分から話しかけなければ、会話の量は増せません。

 

英会話スクールに何年も通っているのに上手くなれない人は普段の

生活で自分で話す機会の少ない人です。

 

英会話の先生と週に一度だけ話す程度では少なすぎるのです。

 

自分からどんどん質問をしていくことがまずその第一歩です。

 

それは理解できるけれども自分からたくさん話すことは出来ないと

嘆く人がいます。

 

それは一つの質問がそれっきりで途切れてしまうからでしょう。

 

実例で示してみましょう。

 

あなたはオーストラリアンフットボールで使用されるボールの形状や

大きさを知っていますか?

 

知らないですよね?

 

では、それを尋ねます。

 

もし相手がラグビーのボールと同じように楕円形だと教えてくれたら

では、どちらが大きいのかを尋ねることが出来ますよね。

 

それ以外ならどんな事が質問出来るでしょう。

 

材質は革、それとも人工皮革?

 

色は何色?

 

ラインなどは入っている?

 

あなたはボールを持っているか?

 

買うといくらくらいするのか?  

 

こうやってボールに関する質問だけでもいくらでも思いつくだけ

やっていけば、話はどんどん続けられます。

 

こういう練習を普段からしておくべきです。

 

そうしないと外人さんといきなり会って、質問をしようとしても

出てこないでしょう。

 

何事も全て練習です。

 

 

TOEIC20165月の公開テストより一部の問題形式が変更され

 アップグレード版として実施されています。

 

ユーフォーリアのTOEIC講座では、新しい内容でのテスト対策を

どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

乞うご期待!

7月 06 2019

一つの質問から話をさらに広げる2

 

 

TOEIC講座を名古屋駅前のTOEIC専門スクールユーフォーリアで 

教えている満点講師の小島です。 

 

昨日のブログの続きを書きます。

 

もしあなたがオーストラリアンフットボールの1チームが何人で

プレーされるのかを知らないのならそれを尋ねましょう。

 

相手はその人数を言ってくれるはずです。

 

次の類似の質問をしてみるのもいいですね。

 

例えば話し相手がオーストラリア人ならイギリス系のスポーツに

詳しいのが普通です。

 

その場合、詳しいのは野球ではなくクリケットです。

 

あなたはクリケットという競技が何人でプレーされるチームスポーツ

なのかを知っていますか?

 

知らないですよね。ならばそれも質問すればよいのです。

 

逆にこちから「野球は何人でやるか、知っていますか?」という

質問をして話を広げるのもありです。

 

さらにオーストラリアンフットボールの選手の人数が分かったとして、

あなたはどんなポジションがそのゲームにあるかを知らないですよね。

 

それならそこを質問していけばよいのです。

 

ラグビーのようにフォワードとバックスに分かれているのか、それとも

その競技独特のポジションの分け方がされているのか。

 

とにかく疑問に思う事をどんどん尋ねていけば、それだけでかなり

会話を弾ませることが出来るようになります。

 

 

TOEIC20165月の公開テストより一部の問題形式が変更され

 アップグレード版として実施されています。

 

ユーフォーリアのTOEIC講座では、新しい内容でのテスト対策を

どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

乞うご期待!

7月 05 2019

一つの質問から話をさらに広げる

 

 

TOEIC講座を名古屋駅前のTOEIC専門スクールユーフォーリアで 

教えている満点講師の小島です。 

 

昨日のブログの続きを書きます。

 

英会話を上手になりたいのなら自分から話しかけられるようになる。

 

そのためには自ら質問をどんどんしていくべきだという話でしたね。

 

でも、それではいくつかの質問をし終えたら、そこで会話が終わって

しまうと心配する人もいるでしょう。

 

私がこの“修行”を外国人相手にやらさせてもらっていた頃、そんな

ことはありませんでした。

 

なぜか。

 

それは、一つの質問をして答えを聞いたらそこで終わりにしなかった

からです。

 

例えば先週のブログでオーストラリアン・フットボールについての

質問例を挙げました。

 

それを実例としてやってみましょう。

 

1チームは何人でやるのか?

 

・ボールは丸いのか、それともラグビーボールのように楕円球なの

か?

 

・どんな得点方法があるのか?(サッカーのようなゲームなら得点

    方法 は一つですが、ラグビーのようなタイプはそれがいくつか

    あります)

 

まずはこんな質問から始めるとよいのでしたよね。

 

では、これらの質問をして、回答を得て、そのことに関する話題を

さらに広げる練習をしてみるのです。

 

では、この解説の続きはまた明日のブログで。

 

 

TOEIC20165月の公開テストより一部の問題形式が変更され

 アップグレード版として実施されています。

 

ユーフォーリアのTOEIC講座では、新しい内容でのテスト対策を

どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

乞うご期待!

7月 04 2019

主導権はこちらが握るべき

         

 

TOEIC講座を名古屋駅前のTOEIC専門スクールユーフォーリアで

教えている満点講師の小島です。 

 

英会話が上手になりたいのなら自分から話しかけることが絶対的な

条件だという話の続きです。

 

“ある程度上手くなったらそれはやれるかもしれないけれど、初め

からは無理だ”といってやろうとしない人がいます。

 

いつまで経っても上達しない人の典型例です。

 

上手く滑る自信がないからといってゲレンデに出ようともせずに

スキーやスノーボードが上手になれないと嘆いているのと同じです。

 

雪の上に自分でまず立たなければこれらの雪上スポーツの上級者には

なれないですよね。

 

先日のブログで自分から質問をすることの重要性を説きました。

 

これをやると主導権をこちらが握れるのです。

 

自分の知りたい事項の答えをあなたの話し相手は英語で言ってくれる

のですからそれを聴き取ることは難しいはずはありません。

 

向こうから尋ねられたら何を言ってくるか全く分からないのですから

これはハードルが高いわけです。

 

では、質問をして、回答をしてもらえたらそこからどう話を広げて

いくか。

 

この話の続きはまた明日のブログで。

 

 

TOEIC20165月の公開テストより一部の問題形式が変更され

 アップグレード版として実施されています。

 

ユーフォーリアのTOEIC講座では、新しい内容でのテスト対策を

どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

乞うご期待!

7月 03 2019

TOEIC 大学入試の検定試験から撤退

   

 

TOEIC講座を名古屋駅前のTOEIC専門スクールユーフォーリアで 

教えている満点講師の小島です。 

 

すでにニュースになっているので、ご存知の方も多いかと思いますが、

TOEICが2021年から実施される予定の新しい大学入試共通テストに

参加しないことを決めました。

 

その最大の要因は受験者を受け入れる手続きや条件が複雑でTOEIC

運営を主催する団体としては、その公平性を確保するのが極めて

難しいということなのだそうです。

 

そもそも社会人向けに作られているTOEICテストを高校生が受ける

大学入試のシステムの中に組み込むこと自体、妥当ではないのでは

と私は以前から考えていました。

 

例えば英検とTOEICを同じ土俵の上に乗せるって無理があります

よね。

 

さらに言えば、英検やTOEICといった、いわゆる“民間検定試験”を

文部科学省が活用しないといけない理由が私には分かりません。

 

なぜ自前で作成しないのでしょうか?

 

自分達が主宰する試験を自分達で作るって、当たり前のことですよね?

 

東大が自分の大学の入試を業者に丸投げするってあり得ないでしょう。

 

文部科学省の内部だけでは良質の試験が出来ないのなら外部からの

協力を得てやっても構わないと思います。

 

もう時期的に難しいのかもしれませんが、民間検定試験の活用など

一切止めて、新しい基準となるテストを自分達で作るべきだと思い

ます。

 

 

TOEIC20165月の公開テストより一部の問題形式が変更され

 アップグレード版として実施されています。

 

ユーフォーリアのTOEIC講座では、新しい内容でのテスト対策を

どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

乞うご期待!

7月 02 2019

自分から“仕掛ける”2

                

 

TOEIC講座を名古屋駅前のTOEIC専門スクールユーフォーリアで

教えている満点講師の小島です。 

 

今朝はアメリカ大リーグ・エンゼルスの大谷選手の同僚投手が死去した

とのニュースに驚かされました。

 

闘病生活をしていたのではなく先週の試合にも普通に先発をしていた

そうなので、大谷選手を含め、チーム関係者にはとてもショッキング

な事となりました。

 

亡くなったはタイラー・スカッグス投手でまだ26歳だったそうです。

 

彼は昨年、大谷選手がメジャーリーグデビューをする前、オープン戦で

なかなか結果が出せなかった時に「アメリカでは“謙虚さ”は不要だから

もっと自信を見せた方がよい」というアドバイスを大谷選手に与えてい

ました。

 

「アメリカ社会では謙虚な態度は自信のなさと見なされてしまう」と

いうのが彼の主張でした。

 

確かに良い悪いは別として、この点では日本社会は全く逆ですからね。

 

 

今週の私のブログのテーマは「自分から仕掛ける」ですが、西洋社会

ではつまり自己主張をしていかないといけないということです。

 

黙っていても誰も認めてくれませんし、存在を無視されてしまうの

です。

 

ですから、自ら話しかける=質問をしていくことが英語上達の秘訣

です。

 

それには度胸も要りますが、それがない人は上手くなれません。

 

英会話スクールに長年通っているのになかなか英会話が上手くなれ

ないと嘆いている人がいますが、当たり前のことです。

 

“自分から仕掛ける”ことをする習慣が身につかないうちはダメだ

という証明だと私は思います。

 

 

TOEIC20165月の公開テストより一部の問題形式が変更され

 アップグレード版として実施されています。

 

ユーフォーリアのTOEIC講座では、新しい内容でのテスト対策を

どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

乞うご期待!

7月 01 2019

自分から“仕掛ける”

          

 

TOEIC講座を名古屋駅前のTOEIC専門スクールユーフォーリアで

教えている満点講師の小島です。 

 

今日から7月ですね。

 

つまり、今年も半分が終わったということになります。

 

月日の経つのは本当に早いものです。

 

5月から「令和」になりましたが、「令和初の~」というフレーズは

よく見る代わりに自分でこの元号を書いたり見たりすることが意外と

少ないので、まだまだ慣れないですね。

 

そうなんです。

 

テレビなんかで「令和」を耳にしたりしても自分で使わないとしっくり

こないのです。

 

そのうち、書類などにある「令和」の欄に○を付けたり、自ら漢字で

書いたりすると実感がより強くなるのだと思います。

 

この自分から行動を起こして何かをするというが、とても大切なのです。

 

先月の終わりのこのブログで知らないことはどんどん自分から質問

していきましょう、と書きましたが、英会話の上達が遅い人は皆さん

この行為が少な過ぎる傾向にあります。

 

何を尋ねられるか分からないという不安に駆られながら質問に答える

より、自分で考えた質問の答えを待つ方がずっと楽なのにほとんどの

英語学習者はそれを知りません。

 

ですから実践しようとしません。

 

自分から“仕掛ける”ことが出来ないとダメなのです。

 

 

TOEIC20165月の公開テストより一部の問題形式が変更され

 アップグレード版として実施されています。

 

ユーフォーリアのTOEIC講座では、新しい内容でのテスト対策を

どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

乞うご期待!

6月 30 2019

IPテストの独自活用法

                

 

TOEIC講座を名古屋駅前のTOEIC専門スクールユーフォーリアで

教えている満点講師の小島です。 

 

ユーフォーリアでは半年間コースの中で2回のIPテストを実施して

います。

 

昨日、春夏コースの中間試験ともいえる一回目のTOEIC IPテストを

名古屋駅前で開催しました。

 

海外出張に急きょ行かなければならなくなった生徒さんを除き、全て

のユーフォーリア生に受験していただけました。

 

ユーフォーリアがIPテストを主催する理由は、まず一回でも生徒さん

に本物のTOEICテストの受験機会を増やしていただくこと。

 

さらに、自分が指導している受講生の皆さんが本番のテストで実際に

どんなパフォーマンスを見せてくれるかを私自身の目で確かめること

です。

 

レッスンで習得したことが実践出来ているかを教えている私自身が

チェック出来れば、それぞれの生徒さんに個別に、より具体的なアド

バイスをおくることが可能となります。

 

これはIPテストを主催していないと絶対に出来ないことなのです。

 

TOEICレッスンをしているスクールさんは星の数ほどあるでしょうが、

IPテストを定期的に校内で実施している所はほとんでありません。

 

さらに担当講師が個別にアドバイスをしてくれる所となると皆無で

しょう。

 

ユーフォーリアは、真のTOEIC専門スクールとして、他校さんには

真似のできないより充実した講座を今後も提供していこうと思ってい

ます。

 

 

昨日も様々な気づきがありましたので、各個人にアドバイスをして

いおうと思っています。

 

さらにかなりの方々が自己ベストスコアを更新出来そうなので、それ

も楽しみにしたいですね。

 

 

TOEIC20165月の公開テストより一部の問題形式が変更され

 アップグレード版として実施されています。

 

ユーフォーリアのTOEIC講座では、新しい内容でのテスト対策を

どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

乞うご期待!

6月 29 2019

こんな時はどうすればいいの?2

   

 

TOEIC講座を名古屋駅前のTOEIC専門スクールユーフォーリアで

教えている満点講師の小島です。 

 

今日はユーフォーリアの春夏コース、IPテストの開催日です。

 

日頃の努力の成果を発揮して、是非とも受験者全員に自己ベスト

スコアを取っていただきたいと思っています。

 

 

昨日のブログの話の続きを書きます。

 

あなたが知らない事をいくつか思い浮かべて、質問してみましょう

という話でしたね。

 

例えばオーストラリアンフットボールというスポーツなら、、、

 

・1チームは何人でやるのか?

 

・ボールは丸いのか、それともラグビーボールのように楕円球なの

か?

 

・どんな得点方法があるのか?(サッカーのようなゲームなら得点

    方法 は一つですが、ラグビーのようなタイプはそれがいくつか

    あります)

 

・それぞれの得点方法は何点もらえるのか?

 

・大体どれくらいのスコアになるゲームが多いのか?

 

・サッカーやラグビーやアメリカンフットボールとはどんな違いが

    あるのか?

 

・試合時間は何分か?

 

・その競技の一番の魅力は何か?

 

・プロリーグはあるのか?

 

・スター選手の年俸はいくらぐらいあるのか?

 

・オーストラリア国内で盛んな地域はどこか?

 

どうですか。このような項目なら誰でも思い浮かべることは可能かと

思います。

 

こんなことをどんどん自分から尋ねていけばよいのです。

 

 

TOEIC20165月の公開テストより一部の問題形式が変更され

 アップグレード版として実施されています。

 

ユーフォーリアのTOEIC講座では、新しい内容でのテスト対策を

どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

乞うご期待!

6月 28 2019

こんな時はどうすればいいの?2

   

 

TOEIC講座を名古屋駅前のTOEIC専門スクールユーフォーリアで

教えている満点講師の小島です。 

 

昨日のブログの話の続きを書きます。

 

外国の人と話を英語でする時に相手の好きなスポーツが自分の知ら

ない競技であったら、それについてこちらからどんどん知らないこと

を質問していけばよいという話でしたね。

 

質問をしてもらうのではなく、こちらからすると良い事があります。

 

それは、リードするのが自分なので知らない話題にはなりません。

 

相手は自分が尋ねたことに答えてくれるので、大抵の回答は想像でき

ます。

 

向こうが英語で何を言い出すか分からない、という不安に駆られる

ことがないわけです。

 

必要なのはこちから“仕掛ける”度胸です。

 

昨日の話に出てきたオーストラリアンフットボールで、具体的な

質問を考えてみましょう。

 

要は自分が知らないことを聞いていけばよいのです。

 

あなたはこのゲームを1チーム何人でやるか知っていますか?

 

多分知らないですよね。

 

それならその事を質問すればよいのです。

 

簡単な話です。

 

これ以外にも様々なことを尋ねることが出来そうですよね?

 

では、あなたなら具体的にどんなことを知りたいですか?

 

その項目を出来るだけ数多く考えて、それを英語で質問出来るように

してみて下さい。

 

答えを知るのではなく、まずは自分の頭で考えることが大切です。

 

では、この話の続きはまた明日のブログで。

 

 

TOEIC20165月の公開テストより一部の問題形式が変更され

 アップグレード版として実施されています。

 

ユーフォーリアのTOEIC講座では、新しい内容でのテスト対策を

どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

乞うご期待!

« Prev - Next »

Copyright©2005 Euphoria All rights Reserved.