TOEIC®󌱑΍pXN[ ÉwO@[tH[A

TOP ݒn
ƓC [tH[A̓ uē utЉ 󌱂܂ł̗ eNXЉ NXʓ\
>>ブログトップへ

ブログ

12月 11 2018

毎日見ていれば誰でもマスター出来ます

 

 

TOEICレッスンを名古屋駅前のTOEIC専門スクールで教えている講師 

の小島です。 

 

昨日のブログの続きを書きます。

 

英文記事の見出しにto 不定詞が使われたらどういう意味になるか、

覚えていますか?という話でしたね。

 

For next G20, Japan to put trade, aging issues on agenda

 

正解は“今後の予定”です。

 

来年6月に大阪で開催されるG20,先進20カ国首脳会議で日本が

議長国として、貿易問題や高齢化社会対策などを議題にするつもりで

いることを伝えた記事になります。

 

この“今後の予定”を表すto 不定詞は頻繁に見出しに用いられるので

毎日、英字新聞を読んでいれば嫌でも忘れません。

 

覚えられない人はその回数が少ないだけです。

 

例えば今日の新聞の見出しにもこの例はあります。

 

Govt to exclude Huawei, ZTE from procurement

 

Govt =government で、ここでは「日本政府」のことで、Huawei

と ZTE は中国の通信機器メーカーです。

 

procurementは「調達」ですね。

 

exclude はinclude の反意語で「排除する」になります。

 

ですからこの見出しは“日本政府が今後、この二社の製品を調達

しない予定”だということを表わしています。

 

 

ただし、to 不定詞にはもう一つ、見出しで用いられる用法があります。

 

では、この話の続きはまた明日のブログで。

 

 

TOEIC20165月の公開テストより一部の問題形式が変更され

 アップグレード版として実施されています。

 

ユーフォーリアのTOEIC講座では、新しい内容でのテスト対策を

どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

乞うご期待!

12月 10 2018

嫌でも忘れない人が最強!3

 

 

TOEICレッスンを名古屋駅前のTOEIC専門スクールで教えている講師 

の小島です。 

 

昨日は寒波の影響で大変厳しい環境の中、今年最後のTOEIC公開テスト

が開催されました。

 

もう三十年近く前から全ての公開テストを私は受け続けていて、

今年も10回行われたこの試験を全部受けて、チェックしました。

 

おそらくこの受験回数は世界記録でしょう。(苦笑)

 

これだけ継続してやり続けていれば、TOEICというテストがどういう

ものなのかを忘れるはずがありません。

 

“嫌でも忘れない人は最強”なのです。

 

受験された皆さんの出来栄えはどうだったでしょうか?

 

 

さて、英字新聞の見出しのルールの話に戻ります。

 

to 不定詞が使われたらどういう意味になるか覚えていますか?

 

For next G20, Japan to put trade, aging issues on agenda

 

G20 とは来年の6月に大阪で開催される先進20か国首脳会議

の事です。(今年は10日ほど前にアルゼンチンで開催されました)

 

trade は「貿易」で、agingは「高齢化」、issuesは「問題」で

agendaは「議題」のことです。

 

ここにあるto 不定詞は何を表すのか?

 

では、この話の続きはまた明日のブログで。

 

 

TOEIC20165月の公開テストより一部の問題形式が変更され

 アップグレード版として実施されています。

 

ユーフォーリアのTOEIC講座では、新しい内容でのテスト対策を

どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

乞うご期待!

12月 09 2018

嫌でも忘れない人が最強!2

 

 

TOEICレッスンを名古屋駅前のTOEIC専門スクールで教えている講師 

の小島です。 

 

前回のブログ続きを書きます。

 

何度も繰り返し接していれば忘れたくても忘れられない。

 

そういう状況にすれば誰にでも覚えられるという話でしたね。

 

私が英字新聞を始めて読んだのは大学生の時で、定期購読を始めたのは

もう30年近く前のことになります。

 

日刊新聞ですから、朝、届けられる英字新聞の見出しを毎日一年360回

ほどずっとやってきているわけです。

 

これだけ続けている人が基本的なルールを忘れることなどあり得ま

せん。

 

忘れようがないのです。

 

「あなたも30年やりなさい」と言いたいのではなく、継続していく

ことが大切だということです。

 

 

さて今日は今年最後のTOEIC公開テストの日ですね。

 

今年も私は10回あるTOEIC公開テストを全て連続で受けることになり

ます。

 

今日のテストに挑戦される方は、自己ベストスコアの更新を目指して

頑張ってきて下さい。

 

継続は力なり、ですよ。

 

チャレンジを続けている人にはいつか必ずご褒美がもらえます。

 

では、私も今から試験会場に出掛けます。

 

 

TOEIC20165月の公開テストより一部の問題形式が変更され

 アップグレード版として実施されています。

 

ユーフォーリアのTOEIC講座では、新しい内容でのテスト対策を

どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

乞うご期待!

12月 08 2018

嫌でも忘れない人が最強!

 

 

TOEICレッスンを名古屋駅前のTOEIC専門スクールで教えている講師 

の小島です。 

 

昨日のブログ続きを書きます。

 

今週の英文記事にあった見出しで、、、

 

Ghosn hid \9.5 bil. in pay over 9 years

 

hid とは動詞hide「隠す」の過去形です。過去分詞ではなく過去形が

用いられている理由は何でしょうか?という話でしたね。

 

11月27日のブログにも書きましたが、過去分詞でなく過去形が用いられ

ているのは、以前に起こったことが新聞が発刊されるその前日に判明

した事を示します。

 

通常は新聞の見出しは、その前の日の出来事が現在形で書かれますが、

たまにこのようにそれよりも前の話に言及したい時に採られる手法

です。

 

ここでは日産のゴーン元会長が9年間にわたって95億円の所得隠し

を以前行っていたことが前日に分かったことを表現しているのです。

 

この過去形による見出しはそれほど頻繁には登場しません。

 

でも毎日、新聞を読んでいれば必ず遭遇するパターンです。

 

何度も何度も出会えば、嫌でも忘れません。

 

一年に一回の出会いではおそらく思い出せないでしょう。

 

毎日新聞を読んでいる人はいくつかある見出しのルールを嫌でも忘れ

ません。

 

それをやっている人が勝ちます。

 

才能などここでは関係ありません。

 

継続は力なり、です。

 

 

TOEIC20165月の公開テストより一部の問題形式が変更され

 アップグレード版として実施されています。

 

ユーフォーリアのTOEIC講座では、新しい内容でのテスト対策を

どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

乞うご期待!

12月 07 2018

知らなくても心配は無用!4

 

TOEICレッスンを名古屋駅前のTOEIC専門スクールで教えている講師

の小島です。 

 

昨日のブログ続きを書きます。

 

英語の記事を読む前に日本語のニュースを先に見聞きしておき、基本

的な知識を得ておくとよいという話でしたね。

 

海外のニュースばかりでなく、まずは日本での出来事を特によく理解

しておくことが大切です。

 

なぜなら外国の人たちは皆さんに日本に関することを尋ねてきます

からね。

 

あなたが日本の次期首相=安倍総理の次の人が誰になるかを質問される

ことは十分にあり得ますが、アメリカ人があなたに次期合衆国大統領

が誰になるかを尋ねることはないからです。

 

英語で日本のことを話せる素養を身につけておくことが大切なのです。

 

例えば今週のニュースに新しい元号に関する発表がありました。

 

「元号」を英語で何と言えばよいか知っていますか?

 

英字新聞を読んでいれば、こんなことはすぐに分かります。

 

今週の新聞ではera name という表現が用いられていました。

 

eraとは「一時代・一時期」という意味です。

 

また今週のニュースで下記の見出しがありました。

 

これはどう解釈するべきでしょうか?

 

Ghosn hid \9.5 bil. in pay over 9 years

 

hid とは動詞hide「隠す」の過去形です。

 

過去分詞ではなく過去形が用いられている理由は何でしょうか?

 

この見出し特有のルールを忘れてしまった人、または知らない人は

11月27日のブログをチェックしてみて下さい。

 

通常は現在形で表される見出しが過去形で表記されている理由が

その日のブログで解説されています。

 

 

TOEIC20165月の公開テストより一部の問題形式が変更され

 アップグレード版として実施されています。

 

ユーフォーリアのTOEIC講座では、新しい内容でのテスト対策を

どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

乞うご期待!

12月 06 2018

知らなくても心配は無用!3

 

 

TOEICレッスンを名古屋駅前のTOEIC専門スクールで教えている講師 

の小島です。 

 

昨日のブログ続きを書きます。

 

見出しに使われる語句の意味が全部分かる人などいません。

 

例えば全てのアメリカ人が野球やアメリカンフットボールのことに

ついて詳しいわけではないので、メジャーリーグやNFLのことが

見出しになっている場合、何のことだかさっぱり理解出来ない

アメリカ人はいくらでもいます。

 

でも、それは日本人が日本語の新聞を読む時でも同じことですから

至極当たり前のことです。

 

見出しを読んでも分からない場合は第一段落を読めば、大体のことは

理解出来ます。

 

新聞の記事は小説などと異なり最初に一番大切な内容を書くからです。

 

世の中にある全ての語句を覚えるなんて絶対に無理な話ですから

知らない語句が出てきても気にしないでどんどん読むことが大切

なのです。

 

ただし、何の努力もしなくてよいと言っているわけではありません。

 

英語のニュースを読む前にまずは日本語でテレビや新聞のニュースを

見聞きしておくことは絶対に必要です。

 

例えば今日の英字新聞の一面には、次のようなニュースが掲載されて

いました。

 

「武田薬品 シャイアー社買収を臨時株主総会で承認」

 

「米国 核条約60日以内に破棄すると通告」

 

「F35戦闘機導入を与党了承」

 

「新元号の発表 来年4月以降に」

 

これらの重要なニュースは今日の日本語の新聞にも当然全て掲載されて

いました。

 

日本語でまず基本的な知識を得ておけば、英語で読むことが極めて簡単

になるのです。

 

 

TOEIC20165月の公開テストより一部の問題形式が変更され

 アップグレード版として実施されています。

 

ユーフォーリアのTOEIC講座では、新しい内容でのテスト対策を

どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

乞うご期待!

12月 05 2018

知らなくても心配は無用!2

 

 

TOEICレッスンを名古屋駅前のTOEIC専門スクールで教えている講師 

の小島です。 

 

昨日のブログ続きを書きます。

 

知らない略語などはもし見出しを見ても理解出来なくても、記事を

読めばそこに解説してあるので心配する必要はないという話でした

ね。

 

例えば、この英語表現を知っていますか?

 

lie in state

 

おそらくほとんどの人が知らないでしょう。

 

頻繁に使う表現ではないですし、TOEIC必須熟語でもありません。

 

今日の英字新聞の見出しにこの表現が用いられていました。

 

Bush Sr. lies in state

 

日本語でニュースを見ている人なら Bush Sr. とは先日亡くなった

ブッシュ元大統領(お父さんの方)だとすぐに分かりますよね。

 

Sr. とは「シニア」のことです。

 

息子さん=「ジュニア」も元大統領ですから、二人を区別しています。

 

今日の日本語の新聞を読めば、彼の遺体が米国連邦議事堂に安置された

ことが分かります。

 

つまり、この見出しはそれを表わしているわけです。

 

 

TOEIC20165月の公開テストより一部の問題形式が変更され

 アップグレード版として実施されています。

 

ユーフォーリアのTOEIC講座では、新しい内容でのテスト対策を

どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

乞うご期待!

12月 04 2018

知らなくても心配は無用!

 

 

TOEICレッスンを名古屋駅前のTOEIC専門スクールで教えている講師 

の小島です。 

 

昨日のブログ続きを書きます。

 

MHI と英文記事の見出しで表記される日本企業とはどの会社のことか?

という話でしたね。

 

正解はMitsubishi Heavy Industries Ltd. =「三菱重工業」のことです。

 

三菱重工という会社は知っているけれど、それをMHIと書かれても自分

にはさっぱり分からないという人も大勢いるでしょう。

 

でも全く心配ありません。

 

このような省略された表記は必ず記事の中ではそれが何を示している

のかちゃんと書かれていますから。

 

例えば先週、WSJ という略語がとある見出しで用いられていました。

 

W で始まる語は World 何とかという世界的な機関が多いですよね。

 

WHO=「世界保健機構」などがあります。

 

しかしどうもそうではなさそうだなあと思い、記事を読んでみたら、

WSJとはWall Street Journal のことでした。

 

アメリカを代表する経済新聞の名称です。

 

私はもちろんこの新聞社のことは知っていましたが、WSJと略して

見出しで見たことがなかったので、その時には分からなかったのです。

 

でもこのようなケースでは記事を見ればその正体が分かることを知って

いたので、問題なくその後、理解することが出来ました。

 

略語など知らなくても心配は無用です。

 

 

TOEIC20165月の公開テストより一部の問題形式が変更され

 アップグレード版として実施されています。

 

ユーフォーリアのTOEIC講座では、新しい内容でのテスト対策を

どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

乞うご期待!

12月 03 2018

まだまだあります見出しのルール3

 

 

TOEICレッスンを名古屋駅前のTOEIC専門スクールで教えている講師 

の小島です。 

 

昨日のブログ続きを書きます。

 

先週のとある英文記事の見出しにはこんなのがありました。

 

S. Korea top court MHI owes damages

 

まず字数を減らすためにSouth Korea「韓国」をS. Korea と表記して

いますね。

 

察しのよい人ならもう分かると思いますが、「北朝鮮」は N. Korea と

記されます。

 

top court とは何でしょうか?

 

topは“一番上の”ですね。

 

このcourtはテニスコートなどではなく「裁判所」のことです。

 

“一番上の裁判所”ですから、これは「最高裁判所」になります。

 

本来、最高裁判所を英語ではtop court ではなく、supreme court と

いいます。

 

なぜ本来の言い方を使わないのか?

 

字数を減らすためです。

 

実際、この見出しの記事の中ではsupreme courtという表現が用い

られていました。

 

日本語でも見出しなら「最高裁」と略すのと同じ理屈です。

 

では、その次にある :(コロン)は何を表わしているのでしょうか?

 

これは情報源や発言者を表します。

 

これも大切な見出しルールの一つなので覚えておきましょう。

 

では、MHI とは何のことでしょうか?

 

先週、韓国の裁判所が日本企業に出した判決のニュースを見た人なら

お分かりになるでしょう。

 

ヒントは、MHIとは日本の大手企業のことです。

 

では、この話の続きはまた明日のブログで。

 

 

TOEIC20165月の公開テストより一部の問題形式が変更され

 アップグレード版として実施されています。

 

ユーフォーリアのTOEIC講座では、新しい内容でのテスト対策を

どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

乞うご期待!

12月 02 2018

まだまだあります見出しのルール2

 

 

TOEICレッスンを名古屋駅前のTOEIC専門スクールで教えている講師 

の小島です。  

 

昨日のブログ続きを書きます。

 

英文記事の見出しでは略語が多用されて、BOJBank of Japan

日本銀行のことだという話でしたね。

 

では次の略語は何のことを表わしているのか分かりますか?

 

LDP

 

GDPではありませんよ。ヒントは政党の名称です。

 

これはLiberal Democratic Party のことで「自由民主党」のこと

です。

 

日本語でも「自由民主党」では長いので略して「自民党」と表記

されますよね。

 

英語では頭文字をとってこのように表現されています。

 

では、SDF とは何でしょうか?

 

これはSelf-Defense Forces のことで「自衛隊」になります。

 

日本のニュースを英語で読んでいれば「自民党」や「自衛隊」は頻繁

に登場しますので、繰り返し読んでいれば嫌でも覚えられます。

 

この“嫌でも覚えてしまう”ことが非常に大切なのです。

 

繰り返せば誰でもマスター出来るようになるのです。

 

でもそれをやらないと天才でないかぎり習得できません。

 

もしあなたが天才ではないと自覚しているのなら、たんさんの見出し

や記事を読んで、接する機会を増やすしかありません。

 

私はそれを毎日30年ほどやり続けています。

ですから嫌でも覚えました。

 

 

TOEIC20165月の公開テストより一部の問題形式が変更され

 アップグレード版として実施されています。

 

ユーフォーリアのTOEIC講座では、新しい内容でのテスト対策を

どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

乞うご期待!

Next »

Copyright©2005 Euphoria All rights Reserved.