TOEIC®󌱑΍pXN[ ÉwO@[tH[A

TOP ݒn
ƓC [tH[A̓ uē utЉ 󌱂܂ł̗ eNXЉ NXʓ\
>>ブログトップへ

ブログ

8月 22 2019

TOEICは“想定の範囲内”で戦え!

 

 

TOEIC講座を名古屋駅前のTOEIC専門スクールユーフォーリアで 

教えている満点講師の小島です。 

 

昨日のブログの続きを書きます。

 

以前、当時のライブドア社長の堀江氏が何かピンチになった時にいつも

「想定の範囲内ですね」と答えていました。

 

彼の場合はこのセリフを口にする時、あまり自信のなさそうに私には

見えて、カッコよくないなあと思っていましたが、でもこの“想定の

範囲内”で戦いを進めることはTOEICでは極めて重要な事であると

私は思っています。

 

Part2 応答問題を例に挙げれば、「どんな調査を最近はしていますか?」

と問われたら、まず“調査の種類”を答えてくれることを待ちます。

 

その可能性が一番高いからです。

 

次にその問いかけが、What kind of research are you doing these days?

であれば、疑問詞Whatで始まっている疑問文なので、その応答でYes 

またはNo と言い出したらすぐに正解候補から外します。

 

さらに問いかけ文で使われた語句、またはそれに似通った発音の語句は

正解選択肢には通常用いられることはないことも想定しておきます。

 

このケースならkind, research, doing, these days などは使用されない

わけですね。

 

これだけのことを私は想定して応答を待っていますから負けることが

ないのです。

 

いつも正解出来ます。

 

相手のやってくる事が事前に分かっていることはとても有利に戦いを

進められるのです。

 

 

TOEIC20165月の公開テストより一部の問題形式が変更され

 アップグレード版として実施されており、またその内容は徐々に

変化しつつあります。

 

ユーフォーリアのTOEIC講座では、新しい内容でのテスト対策を

どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

乞うご期待!

8月 21 2019

TOEICでの“肩すかし”にご用心4

 

 

TOEIC講座を名古屋駅前のTOEIC専門スクールユーフォーリアで 

教えている満点講師の小島です。 

 

昨日のブログの続きを書きます。

 

TOEICテストのPart2応答問題で問いかけが、What kind of research

are you doing these days?「最近、どんな種類の調査をあなたはやって

いますか?」というもので、その正解が、Come to the lab. I’ll show

you. となるようなことがあるという話でしたね。

 

最近のTOEIC公開テストでは、このように“ちょっとひねった”答えが

増えています。

 

当然、この種の問題は難しいですよね。

 

でも文句を言っていても仕方ないので、対応出来るように準備しておく

しかありません。

 

具体的には、このようにちょっとした難問が出てくる度にその会話の

流れを頭に入れておき、将来、似たような問題が出された時に慌てない

ようにしておくのです。

 

先述の例なら、、

 

“調査の種類を尋ねられて、研究室に見に来て下さい”という会話の

流れは正解になるのだという認識をしておくわけです。

 

私の脳にはこのような実例が数多く入っているので、想定の範囲が

広いのです。

 

この想定の範囲内で戦えることはTOEICテストでは大変重要です。

 

では、この話の続きはまた明日のブログでご紹介していきます。

 

 

TOEIC20165月の公開テストより一部の問題形式が変更され

 アップグレード版として実施されており、またその内容は徐々に

変化しつつあります。

 

ユーフォーリアのTOEIC講座では、新しい内容でのテスト対策を

どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

乞うご期待!

8月 20 2019

TOEICでの“肩すかし”にご用心3

 

 

TOEIC講座を名古屋駅前のTOEIC専門スクールユーフォーリアで 

教えている満点講師の小島です。 

 

昨日のブログの続きを書きます。

 

TOEICテストのPart2応答問題で問いかけが、What kind of research

are you doing these days?「最近、どんな種類の調査をあなたはして

いますか?」というものだったとして、3つある選択肢が下記のもの

だったらどれを正解とするべきでしょうか?

 

(A) No. Not recently.

(B) Come to the lab. I’ll show you.  

(C) Okay, I’ll copy them.

 

という話でしたね。

 

まず問いかけ文はWhat という疑問詞で始まっている疑問文なので

その応答にはYes / No は使えません。

 

ですから選択肢(A)は、冒頭で “No.” と言われた瞬間に正解候補

から外せるようにしましょう。

 

では選択肢(B)はどうでしょうか?

 

labというは、laboratory のことで「研究室」を意味します。

 

(「トイレ」はlavatory なので混同に注意しましょう)

 

ですから、研究室へ来ることを促して、あなたにどんな調査をして

いるのかをお見せしましょうと言っているこの応答は問題ありません。

 

つまり、これが正解です。

 

どんな調査をしているのかを言葉で説明してくれるのかと思って

いたらこの回答が聞えてきました。

 

それでもこれはOKですよね?

 

このようなちょっとひねった内容が正解となることもTOEICでは

あることを覚えておきましょう。

 

 

TOEIC20165月の公開テストより一部の問題形式が変更され

 アップグレード版として実施されており、またその内容は徐々に

変化しつつあります。

 

ユーフォーリアのTOEIC講座では、新しい内容でのテスト対策を

どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

乞うご期待!

8月 19 2019

TOEICでの“肩すかし”にご用心2

 

 

TOEIC講座を名古屋駅前のTOEIC専門スクールユーフォーリアで 

教えている満点講師の小島です。 

 

昨日のブログの続きを書きます。

 

TOEICテストのリスニングPart2 応答問題では、大抵は一般的に想定

出来る回答が正解となるが、意外な内容の返事が正解となることも

あるという話でしたね。

 

具体的にどのような感じになるのか検証してみましょう。

 

例えば問いかけが、

 

What kind of research are you doing these days? 

 

「最近、どんな種類の調査をあなたはしていますか?」というもの

だったとします。

 

普通なら自分のやっている調査のテーマを答えてくれるはずです。

 

では3つある選択肢が下記のものだったらどれを正解とするべきで

しょうか?

 

(A) No. Not recently.

(B) Come to the lab. I’ll show you.  

(C) Okay, I’ll copy them.

 

意外な言い方ですけど一つ会話の流れとして問題ないものが一つだけ

ありますよね。

 

それが正解です。

 

では、この解説の続きはまた明日のブログでご紹介していきます。

 

 

TOEIC20165月の公開テストより一部の問題形式が変更され

 アップグレード版として実施されており、またその内容は徐々に

変化しつつあります。

 

ユーフォーリアのTOEIC講座では、新しい内容でのテスト対策を

どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

乞うご期待!

8月 18 2019

TOEICでの“肩すかし”にご用心

 

 

TOEIC講座を名古屋駅前のTOEIC専門スクールユーフォーリアで 

教えている満点講師の小島です。 

 

“肩すかし”とは相撲の決まり手にありますね。

 

行けると思って前に出て行ったらその勢いをかわされて転ばされる技

のことです。

 

TOEICテストのPart2応答問題にもこれがあるのです。

 

基本的にTOEICの問題は自然な会話の上に成り立っています。

 

「何時に会議は始まりますか?」と尋ねられれば、普通その開始時刻

を答えてくれます。

 

「コピーを5部お願い出来ますか?」と依頼されたら「いいですよ」

と承諾してくれます。

 

ただし、会話の相手はいつもこれらの問いかけに100%応ずることが

出来るとは限りませんよね。

 

これは日常生活でも同じことです。

 

あなたはどんな会議の開始時刻を把握できていますか?

 

誰かからコピーをお願いされて、どんな状況にあってもOKしてあげ

られ

ますか?

 

そんなことは100%は無理ですよね?

 

だから、TOEICテストでも期待する応答がかえってこないこともある

ので、注意しておきましょう。

 

では、この話の続きはまた明日のブログでご紹介していきます。

 

 

TOEIC20165月の公開テストより一部の問題形式が変更され

 アップグレード版として実施されており、またその内容は徐々に

変化しつつあります。

 

ユーフォーリアのTOEIC講座では、新しい内容でのテスト対策を

どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

乞うご期待!

8月 17 2019

TOEICテストは事前に答えが分かる!?4

    

 

TOEIC講座を名古屋駅前のTOEIC専門スクールユーフォーリアで

教えている満点講師の小島です。 

 

台風が今回の10号ように日本列島を南北に通過する時には、通常の

秋に来るようなそれと違って、上空の空気の入れ替わりが発生しない

ので涼しくならないということを去年私は学びました。

 

ですから今回も全く涼しくなってくれないのには驚きませんが、今日の

関東地方がフェーン現象のために極暑になるのにはびっくりしています。

 

先月の世界の平均気温は観測史上最高であったりとか、やはり何かが

気候に関しては変わりつつあることは間違いなさそうですね。

 

 

昨日のブログの続きを書きます。

 

TOEICテストのPart2応答問題では、その問いかけが何かにお誘いする

内容なら普通は受諾する。

 

その確率は8割近くある。

 

ただし、そのお誘いが急な話ならお断りする可能性がぐんと高くなって

いるという話でしたね。

 

これらのTOEICに出てくる減少は考えてみれば当たり前の話です。

 

その逆ならおかしな話ですが。

 

TOEICはごく一般的な職場などでの会話がその題材として出されて

いることを常に意識しておくとよいのです。

 

そうすれと選択肢を聴く前に答えが大体予想出来ることが結構ある

のです。

 

 

ちなみにhave a drink という表現が先述のお誘いの中にありましたが

これは「一杯飲む」という意味です。

 

もちろん普通はお酒の話です。

 

しかもジョッキ一杯のみではなく、普通はもっと飲みます。(苦笑)

 

でもこれって日本語でも同じですよね?

 

「今晩、一杯どう?」と誘う人がいますが、絶対にそんなお酒好きの

人は二杯以上飲みますね。(笑)

 

 

TOEIC20165月の公開テストより一部の問題形式が変更され

 アップグレード版として実施されており、またその内容は徐々に

変化しつつあります。

 

ユーフォーリアのTOEIC講座では、新しい内容でのテスト対策を

どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

乞うご期待!

8月 16 2019

TOEICテストは事前に答えが分かる!?3

<      

 

TOEIC講座を名古屋駅前のTOEIC専門スクールユーフォーリアで 

教えている満点講師の小島です。 

 

私の住む地域では昨日の昼間はそれほど台風10号による影響はありま

せんでしたが、夜中になってからかなり雨も風も強くなりました。

 

台風は日本海にすでに抜けていたはずで、かなり離れていたのにです。

 

相当大きな台風だと聞いていましたが、これほどまでに広い範囲に

影響が出るものなのですね。

 

昨年は台風が日本付近で左折するという摩訶不思議な現象が発生しま

したが、今年もこれまでに体験したことのないような事が起こって

いますね。

 

今後は「これまでに体験したことのないような極暑」になる地域も

あるようなので、皆様どうもこの暑さにもお気をつけ下さい。

 

 

昨日のブログの続きを書きます。

 

TOEICテストのPart2 応答問題ではお誘いを受けた場合は八割方その

オファーを受諾するが、そうならないケースもあるという話でしたね。

 

私はいつもこのブログで書いていますが、TOEICは極めて常識的な

事が問題とされているテストです。

 

お誘いをされて、そうしたいけれどもお断りしなければいけない状況

を考えてみればよいのです。

 

それは急なお誘いです。

 

例えば、How about having a drink after work? はどうでしょう?

 

after work「仕事の後で」 ということは今日の話を急に言い出して

いますよね。

 

お酒の好きな人なら「一杯飲みに行く」というお誘いはありがたい

としても、いきなり言われていつも承諾出来ませんよね?

 

このような急な話は「いいですね」となる確率が低くなるのです。

 

 

TOEIC20165月の公開テストより一部の問題形式が変更され

 アップグレード版として実施されており、またその内容は徐々に

変化しつつあります。

 

ユーフォーリアのTOEIC講座では、新しい内容でのテスト対策を

どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

乞うご期待!

8月 15 2019

TOEICテストは事前に答えが分かる!?3

      

 

TOEIC講座を名古屋駅前のTOEIC専門スクールユーフォーリアで

教えている満点講師の小島です。 

 

今日は終戦記念日。

 

令和の時代も平成の時と同様に戦争のないことを祈りたいですね。

 

 

昨日のブログの続きを書きます。

 

TOEICテストのPart2応答問題で、Could you make fives copies by

2:00, please? という問いかけがあったとしたらどういう応答をすると

予測しておくべきか、という話でしたね。

 

何かを人に頼む時には可能な限りそれを受諾してくれそうな人を選んで

声をかけるので、普通はこの要請に応えてくれます。

 

上記の問いかけなら80%くらいは引き受けると思っていて大丈夫です。

 

これは要請だけでなくお誘いなどもそうです。

 

例えば「週末のパーティにあなたも来ませんか?などのような問い

かけです。

 

20%くらいはお断りするケースもありますが、そんな時は申し訳なさ

そうに言ってくれます。

 

口調もヒントになるのです。

 

TOEICの会話では極めて自然な流れとなるケースが多いことを覚えて

おきましょう。

 

ただし、このお誘いに対してもお断りされる可能性がかなり高くなる

ケースもTOEICに存在していることを私は知っています。

 

それはどんな条件でのお誘いになるか分かりますか?

 

一度ご自身で考えてみて下さい。

 

では、この解説はまた明日のブログでご紹介していきます。

 

 

台風が西日本に接近しており大きな被害を出しそうな状況で心配され

ますが、皆さんどうぞお気をつけ下さい。

 

 

TOEIC20165月の公開テストより一部の問題形式が変更され

 アップグレード版として実施されており、またその内容は徐々に

変化しつつあります。

 

ユーフォーリアのTOEIC講座では、新しい内容でのテスト対策を

どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

乞うご期待!

8月 14 2019

TOEICテストは事前に答えが分かる!?2

      

 

TOEIC講座を名古屋駅前のTOEIC専門スクールユーフォーリアで

教えている満点講師の小島です。 

 

昨日のブログの続きを書きます。

 

今回のテーマは「TOEICテストでは事前に答えが分かる時がある」

です。

 

昨日の例題はCould you make fives copies by 2:00, please? という問い

かけに対して、あなたならどんな応答を予測しますか?という話

でしたね。

 

何かを依頼された時、どう応えるかという問題でが、まずあなたが

答える側でなく、この問いかけをする方の立場で考えてみて下さい。

 

「二時までにコピーを5部とって欲しい」という要請をあなたなら

どんな人にしますか?

 

例えば社長さんにしますか?絶対にしないですよね。

 

上司にも普通はないでしょう。

 

同僚とか部下にしますよね?(職場での話です)

 

さらに部下だとしても、何かの作業を今とても忙しそうにやっている

最中の人にお願いするでしょうか?

 

しないですよね。断られるのがみえていますから。

 

では、どんな人に頼るかというと「いいですよ」と一番言ってくれ

そうな人、それをあなたが最も言いやすい人に頼むのが自然です。

 

そうすると引き受けてもらえる可能性が高くなりますからね。

 

当たり前の話です。

 

では、実際のTOEICテストのPart2応答問題ではこの流れはどうなって

いるかご存知ですか?

 

この解説の続きはまた明日のブログでご紹介していきます。

 

 

TOEIC20165月の公開テストより一部の問題形式が変更され

 アップグレード版として実施されており、またその内容は徐々に

変化しつつあります。

 

ユーフォーリアのTOEIC講座では、新しい内容でのテスト対策を

どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

乞うご期待!

8月 13 2019

TOEICテストは事前に答えが分かる!?

 

TOEIC講座を名古屋駅前のTOEIC専門スクールユーフォーリアで

教えている満点講師の小島です。 

 

西日本に台風が接近していますが、朝から名古屋はものすごい暑さ

です。

 

朝の6時台とは思えない日差しと暑さでした。皆様くれぐれも熱中症

などにお気をつけて今日もお過ごし下さい。

 

 

昨日のブログの続きを書きます。

 

TOEICテストのPart2 では答えを聴く前にさらに準備しておくとよい

という話でしたね。

 

まず基本中の基本から。

 

例えば、How many people are supposed to attend the seminar? という

問いかけだったとします。

 

セミナーへの参加者数を尋ねているので、人数を言ってくれれば正解

です。

 

簡単ですよね。

 

さらにプロ野球の試合の観客数ではないので、数万人ということはあり

得ません。

 

私なら数人から数十人という数値を予測します。セミナーですからね。

 

では、Could you make fives copies by 2:00, please? という問いかけが

聴こえてきたらあなたはどんな応答を予測しますか?

 

何かを依頼された時、どう応えるかという問題です。

 

実はTOEICには覚えておくべきことがここでもあります。

 

では、この解説の続きはまた明日のブログで。

 

 

台風の影響はこれから大きくなりそうですので、気をつけましょう。

 

 

TOEIC20165月の公開テストより一部の問題形式が変更され

 アップグレード版として実施されており、またその内容は徐々に

変化しつつあります。

 

ユーフォーリアのTOEIC講座では、新しい内容でのテスト対策を

どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

乞うご期待!

Next »

Copyright©2005 Euphoria All rights Reserved.