TOEIC®󌱑΍pXN[ ÉwO@[tH[A

TOP ݒn
ƓC [tH[A̓ uē utЉ 󌱂܂ł̗ eNXЉ NXʓ\
>>ブログトップへ

ブログ

9月 22 2017

途中経過を確認していますか?2

 

 

TOEICを名古屋駅前のTOEIC専門スクールで教えている講師の 

小島です。  

 

昨日のブログの続きを書きます。

 

TOEICテストの長文読解問題には3つのパターン(シングル・

ダブル・トリプルパッセージ問題)があるので、それぞれが終了

となる時点で途中経過時刻を確認するべきだというでしたね。

 

ただし、これだけですとダブルとトリプルは良いとして、シングル 

パッセージ問題はそれだけで29問もあるので、ちょっと間隔が開き

すぎてしまいます。

 

そこで

その中間点あたりで、一度経過時刻をチェックするべきです。 

 

具体的な問題番号で説明してみましょう。

 

シングルパッセージ問題は、PartⅦの冒頭No.147からNo.175までの

合計29問あります。

 

その中間地点あたりで、なおかつ覚えておきやすい問題番号が

適しているので、No.160あたりが最適になります。

 

TOEICテストを受けたことのある方はご存知かとは思いますが、

このパート7のシングルパッセージ問題の問題数は一題につき

2~5問となっており定数ではありません。

 

つまり、160番ちょうどで問題の区切りがあるとは限りません。

 

毎回、変化します。

 

ですから、No.160を含む問題を解き終えた時点で、シングル

パッセージ問題における途中経過時刻を確認していくのが得策

なります。

 

では、この解説の続きはまた明日のブログで。

 

TOEIC20165月の公開テストより一部の問題形式が変更され

 アップグレード版として実施されています。

 

TOEIC専門塾ユーフォーリアでは、新しい内容でのテスト対策を

どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

乞うご期待!

9月 20 2017

時間を守れない人に限って、、、4

 

 

TOEICを名古屋駅前のTOEIC専門スクールで教えている講師の 

小島です。  

 

昨日のブログの続きを書きます。

 

TOEICテストの最後のパート7長文読解問題は一問あたり1分以内の

解答ペースを守り、本番での経過時刻を設定することが大切だと

いう話でしたね。

 

TOEICテストは原則として120分の試験です。

 

原則として、、と書いたのはリスニングテストが1分、または時には

2分長い時があり、その際にはそれぞれトータルの試験時間は121分、

または122分になります。

 

トラブルがない限り、公開テストは午後1時ちょうどに始まります。

 

その45分後にリスニングテストが終わりますので、リーディングの

最初のパート、PartⅤを1時57分までに終えられるように進行して

いきます。

 

リスニングテストが46分なら1分、47分の場合なら2分ずつ足して

計算していきます。

 

次にパート6は8分以内に通過したいので、2時5分までに解き終え

ます。

 

このパターンだと午後3時がテスト終了時刻なので、残りは55分あり

ます。

 

最後のパート7は全部で54問ですから、これらを一問当たり1分以内の

ペースで解いていけば、必ず最終問題まで到達出来るはずです。

 

 

TOEIC20165月の公開テストより一部の問題形式が変更され 

 アップグレード版として実施されています。

 

TOEIC専門塾ユーフォーリアでは、新しい内容でのテスト対策を

どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

乞うご期待!

9月 18 2017

時間を守れない人に限って、、、2

 

 

TOEICを名古屋駅前のTOEIC専門スクールで教えている講師の 

小島です。 

 

昨日のブログの続きを書きます。

 

TOEICテストを制限時間内に終えられない人に限って、そこまで

の経過時刻に対する意識が低く、普段からそれを克服するための

練習もあまりしていないことが多いという話でしたね。

 

PartⅤ短文空所補充問題とPartⅥ長文空所補充問題の解答ペース

については以前、このブログでお伝えしたので、今回はPartⅦ長文

読解問題のそれについて解説していきます。

 

このパートには3つの種類があります。

 

シングル・ダブル・トリプルパッセージ問題です。

 

シングルは2~5問が一度に出題されます。

 

ダブルとトリプルは常に問題数は5問で固定されています。

 

トータルの問題数は、シングルが全部で29問。

 

ダブルは10問。トリプルは15問出されます。

 

つまり、このパート全部では29+10+15で54問を解くことになって

います。

 

では、これらの問題をどれくらいのペースで解いていけばよいので

しょうか?

 

どの種類でも基本は一問当たり1分以内で解きます。

 

合計で54分以内にこのパートを終えることになり、このパートは

TOEICテストの最終パートなので、テスト終了時刻になる前に

最終問題である200番まで全ての解答作業を終えるようにします。

 

では、さらに詳しい解説はまた明日のブログで。

 

 

TOEIC20165月の公開テストより一部の問題形式が変更され

 アップグレード版として実施されています。

 

TOEIC専門塾ユーフォーリアでは、新しい内容でのテスト対策を

どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

乞うご期待!

9月 16 2017

制限時間内に解き終えていますか?3

 

 

TOEICを名古屋駅前のTOEIC専門スクールで教えている講師の 

小島です。 

 

昨日のブログの続きを書きます。

 

TOEICテストの最後のパート7長文読解問題は一問当たりの解答

ペースを1分に設定して、普段の練習からそれに慣れておくこと

が大切であるという話でしたね。

 

次に本番での時間経過についてご説明していきます。

 

制限時間内に最終問題までたどり着けない人の多くは、試験中に

自分が今やっているペースが適切なのかどうかをほとんど意識も

しないで解答をしているケースが多いのです。

 

もしあなたが経過時間のことなで一切気にしなくても、常に最終

問題まで制限時間内に解き終えることが出来るのならそれで構い

ません。

 

でもそうでない人はもっと自分が今いる地点が経過時刻と比べて

早いのか、遅いのか? それを認識しながらテストを受けるべき

です。

 

ほとんどの人は遅いのです。

 

また、残り20分くらいになって、あと30問以上残っている、、、

という絶望的な状況になって初めて自分の窮地に気がつく人も

います。

 

こうならないためにはどうすればよいでしょうか。

 

では、この話の続きはまた明日のブログで。

 

 

TOEIC20165月の公開テストより一部の問題形式が変更され

 アップグレード版として実施されています。

 

TOEIC専門塾ユーフォーリアでは、新しい内容でのテスト対策を

どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

乞うご期待!

9月 14 2017

制限時間内に解き終えていますか?

 

 

TOEICを名古屋駅前のTOEIC専門スクールで教えている講師の 

小島です。 

 

このブログを読んでいるあなたはTOEICの受験経験がおそらくある

方でしょう。

 

まず質問です。

 

あなたはいつも本番のTOEIC試験で最後の200番まで解き終える

ことが出来ていますか?

 

試験が終わる間際になって、急いでとりあえずマーキング作業を

終えておく、、、というようなことではいけませんね。

 

私が13年前から名古屋駅前で開校しているユーフォーリアでは、

400~600点台のレベルの方が最も多くいらっしゃるのですが、

そのほとんどの方々が、レッスン受講前の段階では最終問題まで

到達することが出来ない方です。

 

PartⅤを一問25秒以内、PartⅥを一問30秒以内で解いていくという

話は以前、このブログで書きましたので、今回はPartⅦの解答

ペースの話をしたいと思います。

 

では二つ目の質問です。

 

まず、あなたはどんな戦略(一問あたりの解答ペースなど)を持って

このパートに普段取り組んでいますか・

 

 

TOEIC20165月の公開テストより一部の問題形式が変更され

 アップグレード版として実施されています。

 

TOEIC専門塾ユーフォーリアでは、新しい内容でのテスト対策を

どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

乞うご期待!

9月 13 2017

作るだけではダメなのです2

 

 

TOEICを名古屋駅前のTOEIC専門スクールで教えている講師の 

小島です。 

 

昨日のブログの続きを書きます。

 

一度覚えたつもりの単語や文法事項などをもし忘れてしまったら

特に注意して、それらを再編集してもう一度復習し直すことが

大切だということでしたね。

 

そこでもいつまでも同じ内容のデータをチェックし続けるのでは

なく、1週間経ったら再度確認作業をします。

 

これはボイスレコーダーを利用した復習方法に限らず、復習ノート

の活用も同様にします。

 

復習ノートに自分がマスターするべき事を書き溜めていき、それら

を何度も見直すことは多くの方々が実践していることかと思います

が、ある程度の時間が経過したらそれらを再チェックして、覚えた

事項とまだ出来ていないことを区別することが大切です。

 

ボイスレコーダーのデータと違い、ノートでは消すのは簡単ではない

ので、再チェックした際にまだ完璧に自分のものになっていない

事項を再編集していきます。

 

例えば覚えるべき事項が30項目あったとします。1週間、ボイス

レコーダーで聴き続けて、復習ノートで観続ければほとんどの事は

覚えられるはずです。

 

それでもあやふやな事項がある場合、それらだけを再度まとめて

さらにもう1週間、聴き続けるのです。

 

これでマスター出来ない事などあり得ません。

 

“嫌でも覚えてしまう”状態を自ら作っていくことが大切なの

です。

 

TOEIC20165月の公開テストより一部の問題形式が変更され

 アップグレード版として実施されています。

 

TOEIC専門塾ユーフォーリアでは、新しい内容でのテスト対策を

どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

乞うご期待!

9月 12 2017

作るだけではダメなのです

 

 

TOEICを名古屋駅前のTOEIC専門スクールで教えている講師の 

小島です。 

 

昨日のブログの続きを書きます。

 

復習ノートへの書き込みでも、ボイスレコーダーを活用しての

録音でも毎日繰り返しチェックすることが大切ですが、それを

いつまでもずっとやっていればよいわけではないという話で

したね。

 

ユーフォーリアのレッスンは原則として週一回開催されます。

 

毎回、その前のレッスンで学習した単語からテストが実施され

ます。

 

自分の知らない単語、あるいは確信を持って答えられない語句を

ボイスレコーダーに録音してマスターしていくことをお勧めして

いますが、一週間同じものをずっと毎日聴いていれば嫌でも覚え

られます。

 

覚えたら、その翌週は別の課題が与えられるのでデーターは消し

ます。

 

いつまでも残しておいてはいけません。

 

ただし、その時は覚えていても数週間経ったら忘れてしまう語句も

当然いくつかでてきます。

 

そのためにユーフォーリアでは3回のレッスンをやり終えたところ

で、過去3回分の単語復習テストを行います。

 

この際に一旦マスター出来た語句で忘れかけているものはないか

を再チェックします。

 

このひと手間がとても重要なのです。

 

一つも忘れていない、、、ということは普通あり得ません。

 

一度覚えたのにすぐに忘れる語句はあなたにとって非常に大事=

難敵です。

 

それらを全て再収集して、新たにまた録音作業を自分で行って一週間

ずっとそれらを聴き続けるのです。

 

 

TOEIC20165月の公開テストより一部の問題形式が変更され

 アップグレード版として実施されています。

 

TOEIC専門塾ユーフォーリアでは、新しい内容でのテスト対策を

どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

乞うご期待!

9月 11 2017

ボイスレコーダーを活用する2

 

TOEICを名古屋駅前のTOEIC専門スクールで教えている講師の

小島です。 

 

昨日は今年7回目のTOEIC公開テストが開催されました。

 

受験された皆さんの出来はどうだったでしょうか?

 

反省は大いにするべきですが、もう次のテストへのチャレンジは

始まっています。

 

今、自分に何が足らないのかを認識して、それらを次回、克服

出来る努力を積み重ねていきましょう。

 

昨日のブログの続きを書きます。

 

ボイスレコーダーなら発音の確認も出来る点が秀逸であるという

話でしたね。

 

発音に関しては発音記号が読める人はよいですが、それが出来ない

人はネット上にたくさんある発音も音声で教えてくれる辞書

サイトで簡単に確かめることが出来ます。

 

本当に便利な世の中になったものです。

 

復習ノートへの書き込みでも、ボイスレコーダーを活用して

録音でも毎日繰り返しチェックすることが大切だと書きました

が、それをいつまでもずっとやっていればよいわけではありま

せん。

 

一定期間を経たら区切りをつけて変化をつけていくべきです。

 

では、この話はまた明日のブログで解説していきます。

 

 

TOEIC20165月の公開テストより一部の問題形式が変更され

 アップグレード版として実施されています。

 

TOEIC専門塾ユーフォーリアでは、新しい内容でのテスト対策を

どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

乞うご期待!

9月 10 2017

ボイスレコーダーを活用する

 

 

TOEICを名古屋駅前のTOEIC専門スクールで教えている講師の 

小島です。 

 

昨日のブログの続きを書きます。

 

自分が習得したい事項を復習ノートに書き留め、それらを何度も

読み返すだけでなく、自分の声でボイスレコーダーに録音して

毎日、通勤・通学時間などを利用して繰り返し聴くと良いという

話でしたね。

 

音声情報なので読む必要がなく、満員電車の中などでもイアフォン

などを用いればいつでも活用することが可能になります。

 

また、TOEICテストの半分はリスニング問題なので、英単語の

発音を正確に把握しておくことも大事です。

 

例えばこの試験に使われる職業を表す英単語の一つにplumber が

あります。

 

この単語の発音を知っていますか?

 

綴りをそのまま読むと“プラムバー”となりますが、実際の発音は

ちょっと違います。

 

知らない人は自分でこの単語の発音を調べてみて下さい。

 

その知らなかった情報を音声としてボイスレコーダーに収録して

毎日繰り返し聴くのです。

 

 

さて、今日はTOEIC公開テストの日ですね。

 

受験される方は日頃の成果を存分に発揮して自己ベスト更新を

目指して頑張ってきて下さい。

 

私も間もなくいつもの通り、さらなるTOEIC研究のために受験

会場に向かいます。

 

TOEIC20165月の公開テストより一部の問題形式が変更され

 アップグレード版として実施されています。

 

TOEIC専門塾ユーフォーリアでは、新しい内容でのテスト対策を

どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

乞うご期待!

9月 09 2017

練習問題に適切な方法で取り組んでいますか?8

 

 

TOEICを名古屋駅前のTOEIC専門スクールで教えている講師の 

小島です。 

 

昨日のブログの続きを書きます。

 

自分がマスターしたい事項を復習ノートに書き留めて覚えるだけで

なく、自分の声でスマホなどのボイスレコーダーに録音するとよい

という話でしたね。

 

ボイスレコーダーの活用の利点は場所を選ばないことにあります。

 

音声を聴くことならイアフォンを使えば通勤、通学の途中でも可能

です。

 

またこの繰り返し音を聴くのは毎日やることが重要です。

 

毎日、少しずつでよいので何度も何度も聴いて確かめることが大切

です。

 

スマホの中にデータがあれば、常に持ち歩けるわけですから、決して

難しいことではありません。

 

無理なくやれるという状態を自分で作りましょう。

 

それが習慣になった人が勝ちます。

 

TOEIC20165月の公開テストより一部の問題形式が変更され

 アップグレード版として実施されています。

 

TOEIC専門塾ユーフォーリアでは、新しい内容でのテスト対策を

どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

乞うご期待!

Next »

Copyright©2005 Euphoria All rights Reserved.