TOEIC®󌱑΍pXN[ ÉwO@[tH[A

TOP ݒn
ƓC [tH[A̓ uē utЉ 󌱂܂ł̗ eNXЉ NXʓ\
>>ブログトップへ

7月 01 2020

なぜ日本語は曖昧な言い方が多いのか?3

8:21 AM ブログ

2020年7月1日 (第1742回)

TOEIC講座を名古屋駅前のTOEIC専門スクール ユーフォーリアで
教えている満点講師の小島です。

—————————————————————————————-

昨日のブログの続きを書きます。

日本語には曖昧な表現が多く、英語にはそれが少ないが、それには
当然、それなりの理由があるという話でしたね。

まず日本語は我が国以外では日常の言語として使用されることはない
ですし、日本語を話す人のほとんどが日本で生まれて育った人たち

です。

私も、このブログを読んでいるあなたもおそらくそうでしょう。

つまり相互理解を得られやすい人同士のコミュニケーションでのみ
使用されているわけです。

その一方で英語が使われている状況はその真逆ですね。

英語は非常に多くの民族によって、極めて広い範囲の地域で使用され

て いる言語の一つです。

それぞれの歴史や文化が全く違うので、ツーと言えばカーという以心
伝心方式の意思疎通は通用しません。

そうすると誤解のないように、回りくどい表現は避けた方が無難に
なります。

シンプルな表現がより多いので学習者にとってはより習得しやすい
とも言えます。

このアドバンテージにもっと日本人英語学習者は気づくべきだと
いうのが、私の持論です。

英語をマスターする方が、日本語より易しいということに。

では、この話の続きはまた明日のブログで。

————————————————————————————–

*TOEICは2016年5月の公開テストより一部の問題形式が変更され
アップグレード版として実施されており、またその内容は徐々に
変化しつつあります。

ユーフォーリアのTOEIC講座では、新しい内容でのテスト対策を
どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

Copyright©2005 Euphoria All rights Reserved.