TOEIC®󌱑΍pXN[ ÉwO@[tH[A

TOP ݒn
ƓC [tH[A̓ uē utЉ 󌱂܂ł̗ eNXЉ NXʓ\
>>ブログトップへ

2月 13 2020

なぜ日本人は英語が苦手なのか?3

8:15 AM ブログ

2020年2月13日 (第1614回)

TOEIC講座を名古屋駅前のTOEIC専門スクールユーフォーリアで
教えている満点講師の小島です。

———————————————————————————————

昨日のブログの続きを書きます。

日本語には他の言語と違う珍しい特徴があって、それが私たちの英語
学習者としての成長の妨げになっていることがあるという話でしたね。

それは音節の数の違いです。

分かりやすく説明しますと音節の数とは発音をする際の母音の数の
ことです。

母音とは日本語なら「あ・い・う・え・お」のことです。

日本語はその多くが“子音+母音”で作られます。例外は母音その
ものと“ん”です。

例えばstreet 「通り」を日本語では「su-to-ri-to」と発音して
しまいます。

母音の数は4つありますよね。

ところが、英語ではstreet の中に母音の発音は一つしかありません。

最初のsとt の間にもその次のtとr の間に母音が存在しないのです。

日本語の発音にはこの母音が入らない“子音+子音”がないので日本人
はとても苦手なのです。

これが聴き取り能力の向上の妨げにもなっています。

では、この解説の続きはまた明日のブログで。

————————————————————————————

*TOEICは2016年5月の公開テストより一部の問題形式が変更され
アップグレード版として実施されており、またその内容は徐々に
変化しつつあります。

ユーフォーリアのTOEIC講座では、新しい内容でのテスト対策を
どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。
乞うご期待!

Copyright©2005 Euphoria All rights Reserved.