TOEIC®󌱑΍pXN[ ÉwO@[tH[A

TOP ݒn
ƓC [tH[A̓ uē utЉ 󌱂܂ł̗ eNXЉ NXʓ\
>>ブログトップへ

11月 07 2019

TOEICという“敵”を知る4

8:25 AM ブログ

   

 

昨日のブログの続きを書きます。

 

突然ですが、あなたは4択問題を作ったことはありますか?

 

普通はないですよね。(苦笑)

 

私は子供の頃からクラスメートにクイズを出すのが好きだったことも

あり、昔から得意でした。

 

TOEICのプロの講師になり、自分でオリジナルの問題を作るように

なって益々その技術は向上しています。

 

自分で問題を作ると問題作者の心理も必然的に分かります。

 

ひっかけ選択肢は通常、正解よりも先にみせます。

 

そうしないとひっかかってもらえませんからね。

 

しかし、いつもそれをやっているとバレますから、時にはこの原則を

採用しないこともやります。

 

さらに問題によっては、“これは分かる人には分かるけれど、そうで

ない人には全くお手上げの問題だなあ”と思えるものがあります。

 

そんな時、出題者にとって選択肢(A)を正解にするチャンスなのです。

 

正解をいつもひっかけ選択肢の後ろに記載していては選択肢(A)を

正解にする機会が無くなってしまうからです。

 

ですから語彙問題などでさっぱり正解が分からない時は選択肢(A)

をチョイスすると正解となる確率が高くなるのです。

 

大切なことは自分にとって難しい問題で悩まないことです。

 

いつも原則を決めておけばすぐに行動にうつせます。

 

余分な時間もエネルギーを使わないことがTOEICテストではとても

大切です。

 

 

TOEIC20165月の公開テストより一部の問題形式が変更され

 アップグレード版として実施されており、またその内容は徐々に

変化しつつあります。

 

ユーフォーリアのTOEIC講座では、新しい内容でのテスト対策を

どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

乞うご期待!

Copyright©2005 Euphoria All rights Reserved.