TOEIC®󌱑΍pXN[ ÉwO@[tH[A

TOP ݒn
ƓC [tH[A̓ uē utЉ 󌱂܂ł̗ eNXЉ NXʓ\
>>ブログトップへ

11月 03 2019

宴の終わり でも世界一楽しめた!

9:54 AM ブログ

 

 

ラグビーワールドカップ日本大会、終わってしまいましたね。

 

1990年代まで、アパルトヘイト(人種隔離政策)のために世界中から

制裁を受けていた南アフリカ共和国。

 

黒人選手が主将を務める中、世界チャンピオンになった意義はとてつも

なく大きいことだと思います。

 

コリシ主将は子供の頃、代表チームのW杯優勝で国が一つになる光景

を見て、自分もこの舞台に選手として立ちたいと思ったそうです。

 

「様々な背景を持つ民族が一つになって優勝できた」

 

彼の言葉です。ここにもOne Teamがありましたね。

 

優勝、おめでとうございます!

 

 

ところで、これを読んでいるあなたは今朝の新聞をご覧になりました

でしょうか?

 

最近は紙の新聞を定期購読していない人が多いかと思いますので、

ここで今日の朝刊に出された日本ラグビー協会からのメッセージを

引用したいと思います。

 

「世界一のファンがいた。

心をこめて、各国のファンを迎えるボランティアがいた。

世界が称賛したおもてなしは、誰よりも日本代表の選手にパワーを送った。

44日間、ラグビーを楽しんでくれた全ての人に、ありがとう。

日本中に広がる熱狂が物語っていた。

“にわか”も“オールドファン”もない、

楕円球のゆくえに心奪われたら、誰もがラグビーファンだと。

細かいルールなんて、後回しでいい。

私達は世界一ラグビーを楽しむ国になろう。

この国の“ラグビーロス”は、ラグビーでしか癒せないから。

次は、トップリーグ、スーパーラグビーで盛り上がろう。

子供達が思いっきりプレーできる、芝生のグランドを増やそう。

そして、再び日本でラグビーワールドカップを開催しよう。

ファンも選手もみんながONE TEAM になって、

ラグビーの楽しさをつないでいけば、

未来も驚くようなパスを、次の世代に渡せるはずだ。

 

世界一、楽しもう」

 

今、私が言い方ことが全て込められた素晴らしいあいさつ文だったので

ご紹介させていただきました。

 

40年以上ラグビーファンをやってきて、まさかこんな日が来るなんて

想像もしていませんでした。

 

次の世代の子供たちにこの社会が、世界がもっとより良いものと

なれるよう、大人がまだまだ頑張らないといけませんよね。

 

 

TOEIC20165月の公開テストより一部の問題形式が変更され 

 アップグレード版として実施されており、またその内容は徐々に

変化しつつあります。

 

ユーフォーリアのTOEIC講座では、新しい内容でのテスト対策を

どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

乞うご期待!

Copyright©2005 Euphoria All rights Reserved.