TOEIC®󌱑΍pXN[ ÉwO@[tH[A

TOP ݒn
ƓC [tH[A̓ uē utЉ 󌱂܂ł̗ eNXЉ NXʓ\
>>ブログトップへ

9月 13 2019

練習・練習また練習!3

8:14 AM ブログ

<             

 

TOEIC講座を名古屋駅前のTOEIC専門スクールユーフォーリアで

教えている満点講師の小島です。 

 

日本人英語学習者の多くが一万以上の大きな桁の数字を言うのが苦手

であるという話でしたね。

 

なぜ私達にとってそれがなぜ難しいのかを理解しておくべきです。

 

1,000 はone thousand で問題ありませんね。

 

5,000 ならfive thousand で日本語でも「5千」です。

 

問題は1万を超える桁の言い方です。

 

10,000 はten thousand になります。

 

日本語と違って英語には「万」という言い方がないのですね。

 

thousandが10あるという言い方をするわけです。

 

その次は「10万」ですが、100,000 なので、one hundred thousandに

なります。

 

ここで注意が必要です。

 

「1万は」ten で「10万」は one hundred のthousand となり

日本語の言い方とは必ず桁がずれていくのです。

 

ですから、昨日のブログにあった「24万8千円」は、twenty-four では

ダメで、two-hundred forty-eight thousand yen になります。

 

余談ですが、アメリカの通貨であるdollar には複数のs が

付きますがyen には付きません。

 

これはyenが英語の世界では外来語であるからです。

 

言葉として一人前になっていないということです。

 

外来語でもkimono「着物」のようによく知られた語は複数形も

用いられています。

 

さて、それでは「百万」よりも上の単位はどう英語で言えばよいでし

ょうか。

 

この解説の続きはまた明日のブログで。

 

TOEICだけを教える名古屋で最も歴史と実績のあるTOEIC専門

 スクール ユーフォーリアでは只今、10月開講の秋冬コースへの

 新規生を募集しています!

 

 

TOEIC20165月の公開テストより一部の問題形式が変更され

 アップグレード版として実施されており、またその内容は徐々に

変化しつつあります。

 

ユーフォーリアのTOEIC講座では、新しい内容でのテスト対策を

どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

乞うご期待!

Copyright©2005 Euphoria All rights Reserved.