TOEIC®󌱑΍pXN[ ÉwO@[tH[A

TOP ݒn
ƓC [tH[A̓ uē utЉ 󌱂܂ł̗ eNXЉ NXʓ\
>>ブログトップへ

8月 10 2019

“音の重複”にひっかからない秘訣2

7:49 AM ブログ

      

 

TOEIC講座を名古屋駅前のTOEIC専門スクールユーフォーリアで

教えている満点講師の小島です。 

 

昨日のブログの続きを書きます。

 

TOEICテストのPart2応答問題では問いかけで用いられた音、または

それに似通った発音を持つ語句はひっかけとなることが多いので、

それに対応するために“心のスクリーン”を活用すると良いという

話でしたね。

 

まずこれが的確にやれるようになると音声情報の“見える化”が出来

ます。

 

音で確認するだけよりも視覚的に再度チェックした方が精度は上がり

ます。

 

つまりトリックに引っかかりにくくなります。

 

次にこれが最高の効能だと思いますが、あなたの集中力が高まります。

 

他の事を考えながら音声情報を文字化していくことなど不可能でしょう。

 

ということは、否が応でも集中した状態を作れます。

 

これが大事なのです。

 

When will the meeting be held? とWhere will the meeting be held?

は最初の疑問詞が異なるだけですが、答えは全く変わってきますよね。

 

最初のWhen とWhere が聴き分けられるかどうかが勝負なのです。

 

何となく聞くのではなく、最大限の集中力と共に“聴く”ようにする

のにこの“心のスクリーン”は極めて有効な手段でなおかつTOEICの

ルールには抵触しない優れものなのです。

 

問いかけ文をイメージの中で書き取ったら、選択肢を聴く時もそれを

繰り返します。

 

意味のチェックと共に同じ音、または似通った発音の語句がないかを

目で確かめながらやっていくのです。

 

では、この解説の続きはまた明日のブログで。

 

 

TOEIC20165月の公開テストより一部の問題形式が変更され

 アップグレード版として実施されており、またその内容は徐々に

変化しつつあります。

 

ユーフォーリアのTOEIC講座では、新しい内容でのテスト対策を

どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

乞うご期待!

Copyright©2005 Euphoria All rights Reserved.