TOEIC®󌱑΍pXN[ ÉwO@[tH[A

TOP ݒn
ƓC [tH[A̓ uē utЉ 󌱂܂ł̗ eNXЉ NXʓ\
>>ブログトップへ

8月 08 2019

TOEIC Part2 応答問題のパターンはいくつ?5

8:14 AM ブログ

 

 

TOEIC講座を名古屋駅前のTOEIC専門スクールユーフォーリアで 

教えている満点講師の小島です。 

 

昨日のブログの続きを書きます。

 

TOEICテストのPart2 応答問題では問いかけ文で使われた語句と同じ、

または似通った発音のものは普通は正解選択肢には用いられることは

ないが、それに対応出来る策があるという話でしたね。

 

例えば、What time will the meeting start? と尋ねられた際にそこで

使用された語句の音を覚えておく必要があるわけです。

 

特に大切なのは冒頭部分のWhat time will ですね。

 

ここさえ聴き取れれば、正解は“今からの時刻”となることが分かる

からです。

 

ここを書き留めておきたいくらいですが、メモを取ることはTOEIC

テストでは厳しく禁止されているので、それはやれません。

 

そこで私は独特の方法を考えて実践し、レッスンでもそれを教えて

います。

 

それを私は“心のスクリーン”と称しています。

 

実際に筆記用具を使って書き留めるのは違反ですが、自分のイメージ

の中だけでそれをやるなら問題ありません。

 

実際に鉛筆で書かないで、どうやってやるのか。

 

では、この具体的な方法についてはまた明日のブログでご紹介して

いきます。

 

 

TOEIC20165月の公開テストより一部の問題形式が変更され

 アップグレード版として実施されています。

 

ユーフォーリアのTOEIC講座では、新しい内容でのテスト対策を

どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

乞うご期待!

Copyright©2005 Euphoria All rights Reserved.