TOEIC®󌱑΍pXN[ ÉwO@[tH[A

TOP ݒn
ƓC [tH[A̓ uē utЉ 󌱂܂ł̗ eNXЉ NXʓ\
>>ブログトップへ

8月 07 2019

TOEIC Part2 応答問題のパターンはいくつ?4

8:27 AM ブログ

 

 

TOEIC講座を名古屋駅前のTOEIC専門スクールユーフォーリアで 

教えている満点講師の小島です。 

 

5日月曜日のブログの続きを書きます。

 

TOEICテストのパート2 応答問題で最初に聴こえてくる問いかけには

全部で6つのパターンがあり、一番多いのは疑問詞で始まる疑問文で

約半数はそれだという話でしたね。

 

さらにWhat time will the meeting start? という問いかけなら、

time, meeting, start などの語句、およびそれに似た発音を持つ語、

例えばmeet などは正解選択肢には使われないことにも要注意でしたね。

 

まずこの例題なら選択肢を待つ前に気を付けるべきことがいくつかあり

ます。

 

今後の時刻を尋ねているので、一番あり得る正解は「午後3時からです」

などのようなものになるので、これを意識しておきます。

 

過去の時期について言及したり、時刻ではない場所などについて発言し

たらひっかけになります。

 

さらに疑問詞What で始まっている疑問文なので、その応答にはYes.

あるいはNo. という答え方は出来ないので、そう言い出したらすぐに

正解候補から除外します。

 

先ほど“音の重複使用”には要注意と書きましたが、あなたはこれに

ついて何か対策をしていますか?

 

What time will the meeting start? と尋ねられた際にそこで使用された

語句の音を覚えておく必要があるわけですが、それについて何かやって

いますか?ということです。

 

普通は全部覚えておけないですよね?

 

ユーフォーリアではこの対策を私が自ら考案したオリジナルの

方法でしています。

 

では、この具体的なやり方についてはまた明日のブログでご説明

いたします。

 

 

TOEIC20165月の公開テストより一部の問題形式が変更され

 アップグレード版として実施されています。

 

ユーフォーリアのTOEIC講座では、新しい内容でのテスト対策を

どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

乞うご期待!

Copyright©2005 Euphoria All rights Reserved.