TOEIC®󌱑΍pXN[ ÉwO@[tH[A

TOP ݒn
ƓC [tH[A̓ uē utЉ 󌱂܂ł̗ eNXЉ NXʓ\
>>ブログトップへ

1月 08 2019

今年の日本を英語で説明する2

8:28 AM ブログ

 

 

TOEICレッスンを名古屋駅前のTOEIC専門スクールで教えている講師 

の小島です。 

 

前回のブログの続きを書きます。

 

今年の5月に行われる“改元”とは何かを日本のことにあまり詳しく

ない外国人に英語で説明してみましょうという話でしたね。

 

まず欧米諸国には“改元”という制度はありません。

 

当たり前の話ですが、こういう基本的なことをまず自分自身が理解して

おかないと相手にとって分かりやすい説明は出来ません。

 

“改元”を説明するには、まず「元号」というものを相手に理解して

もらう必要がありますね。

 

当然ですが、「元号」なんて外国には無いですから。

 

日本的事象を英語で説明する際に必要な語句は大抵、英字新聞を読んで

いればそこに出てきます。

 

これも私が皆さんに英字新聞の購読をお勧めする理由の一つです。

 

年が明けて、安倍首相が新しい元号の発表を4月1日にするという

ニュースがありました。

 

その記事の中には「元号」の英語表現が登場していました。

 

結論から書きますと「元号」は英語で era name と表記されています。

 

earとは「時代」のことです。

 

しかし、この表現を使えば外国人がすぐに理解出来ると思ってはいけ

ません。

 

日本の歴史において「時代の名称」といえば「平安時代」とか「江戸

時代」などもありますよね。

 

「元号」はもっと短い期間を示すもので、これらとは全く別物です。

 

英語で「元号」はera name という。

 

この知識だけでは全く不十分だということを覚えておきましょう。

 

つまり、さらに説明を加えないと外国人には通じないということです。

 

では、この話の続きはまた明日のブログで。

 

 

TOEIC20165月の公開テストより一部の問題形式が変更され

 アップグレード版として実施されています。

 

ユーフォーリアのTOEIC講座では、新しい内容でのテスト対策を

どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

乞うご期待!

Copyright©2005 Euphoria All rights Reserved.