TOEIC®󌱑΍pXN[ ÉwO@[tH[A

TOP ݒn
ƓC [tH[A̓ uē utЉ 󌱂܂ł̗ eNXЉ NXʓ\
>>ブログトップへ

12月 01 2018

まだまだあります見出しのルール

7:51 AM ブログ

 

 

TOEICレッスンを名古屋駅前のTOEIC専門スクールで教えている講師 

の小島です。 

 

今日から12月ですね。

 

月日の経つのは早いもので、今年も残りあと一月のみとなりました。

 

 

昨日のブログ続きを書きます。

 

出来るだけ字数を減らすために同じ意味を表すのなら文字数のより

少ない語句が採用される原則があるので、見出しでは冠詞は省略

されてしまいます。

 

a, an, the などです。

 

例えば「ホワイトハウス」や「ドラゴンズ」(チーム名)にはそれぞれ

定冠詞the をつけるのが普通で、the White House, the Dragons と

表記されますが、見出しではtheは省かれます。

 

ですから見出しでは冠詞の勉強は出来ません。

 

記事の中では当然、表記はされます。

 

さらに省略された表現が見出しでは多用されます。

 

例えば、「コンビニエンスストアでの強盗」では文字数が多いので、

日本語では「コンビニ強盗」とされますよね。

 

「自由民主党」では長いので「自民党」となります。

 

「日本銀行」は「日銀」です。

 

英語では、Bank of Japan ですが、これでは長いので見出しでは

BOJ と表記されます。

 

このような略語は毎日見出しに接して、そのたびに覚えていくしか

ありません。

 

結局、数を多くこなした人が勝ちです。

 

 

TOEIC20165月の公開テストより一部の問題形式が変更され

 アップグレード版として実施されています。

 

ユーフォーリアのTOEIC講座では、新しい内容でのテスト対策を

どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

乞うご期待!

Copyright©2005 Euphoria All rights Reserved.