TOEIC®󌱑΍pXN[ ÉwO@[tH[A

TOP ݒn
ƓC [tH[A̓ uē utЉ 󌱂܂ł̗ eNXЉ NXʓ\
>>ブログトップへ

7月 14 2018

事前に正解を“見つける”ためのコツ6

8:47 AM ブログ

 

                                             

TOEIC講座を名古屋駅前のTOEIC専門スクールで教えている講師 

の小島です。 

 

昨日のブログの続きを書きます。

 

Part4説明文問題で、質問がWho most likely are the listeners?で。

選択肢が、(A) Bus drivers (B) Tourists  (C) Tour guides 

(D) Travel agents  という条件なら、正解になる可能性が最も高い

のは選択肢(B) Touristsだという話でしたね。

 

話しをしているその対象者がtourists「旅行者たち」ならその後も

芋づる式に正解候補が分かる時が多いのです。

 

TOEICのPart3会話問題とPart4説明文問題はリスニングテスト

なのですが、これらは事前の下読みが大変重要です。

 

リスニング問題ですが、速読出来るようになるととても有利になり

ます。

 

ですから、私が名古屋駅前で運営しているTOEIC専門塾ユーフォーリア

では、この事前の下読み練習をとても大切にしています。

 

下読みをする時間などにも気を配ってトレーニングをしています。

 

このブログを読んでいるあなたは、TOEICテストの受験経験がある

かと思いますが、Part3、およびPart4 では会話やトークが終わった

後に質問文が読み上げられる時間があるのはご存知でしょう。

 

あの時間は何秒あるか意識していますか?

 

なぜそんな時間にこだわるかというと、次の問題が始まるまでのその

インターバルの時間=事前の下読みに費やせる時間になるからです。

 

この時間はいつも約40秒間です。

 

ユーフォーリアではあらゆることにこだわりをもって最良の訓練を

積めるレッスンを提供しています。

 

TOEIC20165月の公開テストより一部の問題形式が変更され

 アップグレード版として実施されています。

 

TOEIC専門塾ユーフォーリアでは、新しい内容でのテスト対策を

どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

乞うご期待!

Copyright©2005 Euphoria All rights Reserved.