TOEIC®󌱑΍pXN[ ÉwO@[tH[A

TOP ݒn
ƓC [tH[A̓ uē utЉ 󌱂܂ł̗ eNXЉ NXʓ\
>>ブログトップへ

7月 13 2018

事前に正解を“見つける”ためのコツ5

9:51 AM ブログ

<>

                                             

TOEIC講座を名古屋駅前のTOEIC専門スクールで教えている講師

の小島です。 

 

昨日のブログの続きを書きます。

 

例題はPart4説明文問題で、質問はWho most likely are the listeners?

である時、選択肢が、(A) Bus drivers (B) Tourists  (C) Tour

guides  (D) Travel agents  という条件なら、まず選択肢(A)は正解

候補から除外してよく、選択肢(B)は十分に正解候補となり、選択肢

(C)は正解候補とはならないという話でしたね。

 

最後に選択肢(D) Travel agentsはどうでしょうか?

 

旅行代理店のスタッフさん達がある人の話をみんなで揃って聞く

ことはオフィス内で普通にあり得るのではないでしょうか。

 

例えばその旅行会社の朝礼や営業会議など、そんな状況はいくらでも

想定できます。

 

ですから、この選択肢は正解候補からは除外しません。

 

つまり、4つの選択肢のうち正解と成り得そうなのは選択肢(B)

Tourists と選択肢(D)のTravel agents だということが分かりました。

 

さらに私見を述べると、これまでの私のTOEIC受験経験から判断すると

travel agentsを対象にしたtalk は一度も出題されたことはありませんし、

touristsにtour guide が案内をするケースは何度もありましたので

おそらく正解は(B)Touristsになるだろうなあとまで考えます。

 

事前に正解が私には“見える”ことがあるのは、このような判定を

いつもし続けているからです。

 

 

TOEIC20165月の公開テストより一部の問題形式が変更され

 アップグレード版として実施されています。

 

TOEIC専門塾ユーフォーリアでは、新しい内容でのテスト対策を

どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

乞うご期待!

Copyright©2005 Euphoria All rights Reserved.