TOEIC®󌱑΍pXN[ ÉwO@[tH[A

TOP ݒn
ƓC [tH[A̓ uē utЉ 󌱂܂ł̗ eNXЉ NXʓ\
>>ブログトップへ

5月 18 2018

最も効率よく作業を進めるための工夫2

9:14 AM ブログ

 

 

TOEIC講座を名古屋駅前のTOEIC専門スクールで教えている講師 

の小島です。 

 

昨日のブログの続きを書きます。

 

私が運営しているTOEIC専門塾ユーフォーリアでは、TOEICテストを

受ける際にこれ以上効率の良いものはないという方法を常にレッスン

しています。

 

非常に細かいことにまで、こだわってやっています。

 

その一つが“リスニングテスト中には消すためには消しゴムは使わ

ない”ということです。

 

なぜそうしないのか。

 

まず、Part3会話問題とPart4説明文問題では特にこのルールを厳守

するべきです。

 

なぜなら、これらのパートをやっている時に消しゴムを使う=マー

キングをする場所を間違えたか、または自分の解答を訂正する必要

を察した時になります。

 

人間は何か別の作業に集中している時、別のことを同じように集中して

やるのは苦手です。

 

この場合なら消しゴムで消す作業をしている間、ほんの一瞬ですが、

英語を聴き取ることはかなり困難になるのです。

 

ほとんどの人はそこで次の問題の正解のヒントを言われると相当高い

確率で、それをキャッチ出来ないのです。

 

つまり、正解が取れないことになります。

 

消しゴムを使うと正解が取れないことがある、、、。

 

それはまずいですよね。

 

ですから、ユーフォーリアのレッスンではリスニングテスト中は消し

ゴムを消すためには使いません。(何のために使うのかは今週のブログ

を参照して下さい)

 

では、間違えたらどうすればよいのか?

 

この話の続きはまた明日のブログで。

 

 

TOEIC20165月の公開テストより一部の問題形式が変更され

 アップグレード版として実施されています。

 

TOEIC専門塾ユーフォーリアでは、新しい内容でのテスト対策を

どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

乞うご期待!

Copyright©2005 Euphoria All rights Reserved.