TOEIC®󌱑΍pXN[ ÉwO@[tH[A

TOP ݒn
ƓC [tH[A̓ uē utЉ 󌱂܂ł̗ eNXЉ NXʓ\
>>ブログトップへ

5月 12 2018

アップグレード版における様々な変化

9:09 AM ブログ

 

 

TOEIC講座を名古屋駅前のTOEIC専門スクールで教えている講師 

の小島です。 

 

昨日のブログの続きを書きます。

 

一昨年、TOEICテストはアップグレードされて出題形式が一部変更と

なったことはご存知かと思います。

 

それに伴い、リスニングテストにおける各パートが始まる前に行わ

れるDirections (指示=解答方法の説明)に費やされる時間もかなり

変わってしまいました。

 

これらの時間は基本的に全てPart3と4の先読みに使うべきだと私は

思っています。

 

ところが、そのトータル時間が減少したのですから、どこをどう読む

かという根本的な作戦を変更せざるを得ませんでした。

 

例えばPart1写真描写問題におけるDirectionsの時間の減少の件は昨日

のブログで書きましたが、Part2応答問題でも大幅に減らされてしまい

ました。

 

現在のそれは30秒しかありません。

 

以前のTOEICテストではここはその倍の時間がありました。

 

Listeningテストのトータルの出題数は100問で変化していませんが、

Part3が9問も増加しました。

 

その代わりにPart1が4問、Part2は5問減らされています。

 

トータルの試験時間の変更はなしなので、どこかで時間調整をする

必要があったのでしょう。

 

それが、Directionsの時間削減という私にとっては残念な結果となった

のです。

 

嘆いていても何も始まらないので、それにどう対応していけばよいかを

今後のブログで紹介していきます。

 

 

TOEIC20165月の公開テストより一部の問題形式が変更され

 アップグレード版として実施されています。

 

TOEIC専門塾ユーフォーリアでは、新しい内容でのテスト対策を

どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

乞うご期待!

Copyright©2005 Euphoria All rights Reserved.