TOEIC®󌱑΍pXN[ ÉwO@[tH[A

TOP ݒn
ƓC [tH[A̓ uē utЉ 󌱂܂ł̗ eNXЉ NXʓ\
>>ブログトップへ

4月 11 2018

“図表問題”の基本的な解き方3

10:09 AM ブログ

 

 

TOEIC講座を名古屋駅前のTOEIC専門スクールで教えている講師 

の小島です。 

 

昨日のブログの続きを書きます。

 

条件を再確認しておきますと、、、

 

質問:Look at the graphic. According to the man, what

quantityon the original order form has to be changed?

 

選択肢は、、、

(A)  2

(B)  4

(C)  6

(D)  8

 

図の内容は、、、

Quantity      Item

  2           Tables

  4           Desks

  6           Chairs

  8           Stools

 

 

上記のような“図表問題”では会話が始まる前に何をチェックして

おくべきでしょうか?

 

質問では元々の注文書の数量の中で変更されなければいけないものは

いくつなのかが問われています。

 

選択肢には、その数量があります。

 

しかし、会話をする人達がこれらの数値をそのまま言ってくれるの

なら図表を掲載する必要がなくなるので、それはあり得ません。

 

“図表問題”の基本的な解き方は、選択肢として書かれていない情報

を図の中から見つけ出し、それを察知して聴き取る準備をしておく

ことが大切なのです。

 

ですから話者は、item の名称を発言することで、その変更するべき

数値を間接的に教えてくれることになるのです。

 

これが基本的な対応方法になります。

 

では、この解説の続きはまた明日のブログで。

 

 

本日は第5回の入学説明会を安保ホールにて実施します。

 

お席には幸いまだ余裕がありますので、夜7時20分までに来場可能な

方はユーフォーリアのウェブサイトにある専用フォームよりご予約の上、

ご参加下さい。

 

説明会は今度の土曜日14日が最終回となりますので、お急ぎください!

 

 

TOEIC20165月の公開テストより一部の問題形式が変更され

 アップグレード版として実施されています。

 

TOEIC専門塾ユーフォーリアでは、新しい内容でのテスト対策を

どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

乞うご期待!

Copyright©2005 Euphoria All rights Reserved.