TOEIC®󌱑΍pXN[ ÉwO@[tH[A

TOP ݒn
ƓC [tH[A̓ uē utЉ 󌱂܂ł̗ eNXЉ NXʓ\
>>ブログトップへ

7月 10 2017

問題を解く前に答えが出せる人3

8:03 AM ブログ

 

 

TOEICを名古屋駅前のTOEIC専門スクールで教えている講師の 

小島です。 

 

昨日のブログの話の続きを書きます。

 

問題を解く前に答えを察知できることがあり、それは“常識”を

フル活用することで実現出来ることがあるという話でしたね。

 

この手法を生かす上でまず大切なことは、質問の内容を理解した

時点で“選択肢の中に正解となれないものはないか?”という

考えを常に持って、選択肢と接することが大切です。

 

おそらく一般的にはこんな感覚をもってTOEICテストを受けて

いる人はほとんどいないと思います。

 

例題を出してみます。

 

長文が空港へのシャトルバスの情報に関するものだったとします。

 

ここで質問が「このバスサービスについて何か暗示されているか?」

という内容だったとします。

 

ユーフォーリアでは、これを“示唆内容問題+キーワードなし”

と分類します(このやり方については、また別の機会にご紹介

します)

 

ここで選択肢が下記のものであった場合、長文を読む前に正解とは

ならなさそうなものはいくつあるでしょうか?

 

(A) 日曜日には運営されていない

(B) 大きな荷物には追加料金が課される

(C) 利用には事前に予約が必要となる

(D) 一部の子供は無料で利用できる

 

あなたの“常識”を生かせば、普通は空港へのバスサービス

でこんな制限はないのではないかというものがいくつかあり

ますよね。

 

それらを全て選び出してみましょう。

 

では、この解説の続きはまた明日のブログで。

 

TOEIC20165月の公開テストより一部の問題形式が変更され

 アップグレード版として実施されています。

 

TOEIC専門塾ユーフォーリアでは、新しい内容でのテスト対策を

どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

乞うご期待!

Copyright©2005 Euphoria All rights Reserved.