TOEIC®󌱑΍pXN[ ÉwO@[tH[A

TOP ݒn
ƓC [tH[A̓ uē utЉ 󌱂܂ł̗ eNXЉ NXʓ\
>>ブログトップへ

3月 21 2019

TOEICテストで悩んだ時の脱出法2

 

TOEIC講座を名古屋駅前のTOEIC専門スクールユーフォーリアで

教えている満点講師の小島です。 

 

昨日のブログの続きを書きます。

 

リスニングテスト中では悩んだら選択肢(C)を選んで窮地を脱する

が、リーディング問題で二つの選択肢で悩んだ場合にはどうすれば

よいか?という話でしたね。

 

あなたの判断が仮に選択肢(B)と(D)が正解になりそうだが、五分

五分でどちらを選択すればよいか判断出来ない時のことを想像して

みて下さい。

 

鉛筆をころがしますか?(笑)

 

音が発生するので周囲の人に迷惑ですよね。

 

自分で決められないのですから諦めるしかありません。

 

こんな時、ユーフォーリアでは事前に決断基準を定めています。

 

簡単です。

 

“悩んだら後ろにある選択肢にしておく” です。

 

もちろんこれにはそれなりの根拠があってこのような方策を取ることに

しています。

 

なぜ悩んだから後ろにした方がよいのか?

 

これは4択問題を作成した経験のある方なら分かるかと思います。

 

一般の方は問題を自分で作ったりはしないので分からないかもしれま

せんね。

 

では、この話の続きはまた明日のブログで紹介していきます。

 

TOEIC20165月の公開テストより一部の問題形式が変更され

 アップグレード版として実施されています。

 

ユーフォーリアのTOEIC講座では、新しい内容でのテスト対策を

どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

乞うご期待!

3月 20 2019

TOEICテストで悩んだ時の脱出法

 

 

TOEIC講座を名古屋駅前のTOEIC専門スクールユーフォーリアで 

教えている満点講師の小島です。 

 

昨日のブログの続きを書きます。

 

このブログを読んでいるあなたはTOEICテストの受験経験がある

方でしょう。

 

これまでこの試験を受けてきて、リーディング問題を解いている際、

どの選択肢にすればよいか悩んだことはありませんか?

 

当然、ありますよね。

 

というか、悩まないでテストをやり終えことなど一度もないという

のが普通でしょう。

 

では、パート5短文穴埋め問題を例にとって考察してみましょう。

 

選択肢は4つあります。

 

あなたの判断が仮に選択肢(A)と(C)が正解になることはないという

ものだったとしましょう。

 

つまり、あなたが悩んでいるのは選択肢(B)にするか(Dにするかという

判断になりますね。

 

もし選択肢(B)が6割で(D)が4割の可能性があると思うのなら迷わず

前者を解答欄にマーキングすればよいわけですが、問題はあなたの

判断が両者五分五分となったケースです。

 

こんな時、あなたならどうしますか?

 

ここでもユーフォーリアでは悩まない方策を指導しています。

 

大切なことは確信を持って答えることは無理なケースで時間を無駄

遣いしないことです。

 

正解することではありません。(5割の確率でダメなわけですから)

 

では、具体的にはどうすればよいか?

 

この解説の続きはまた明日のブログでご紹介していきます。

 

 

TOEIC20165月の公開テストより一部の問題形式が変更され

 アップグレード版として実施されています。

 

ユーフォーリアのTOEIC講座では、新しい内容でのテスト対策を

どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

乞うご期待!

3月 19 2019

TOEICでは長く悩んだら負け!4

 

 

TOEIC講座を名古屋駅前のTOEIC専門スクールユーフォーリアで 

教えている満点講師の小島です。 

 

昨日のブログの続きを書きます。

 

TOEICでは、自分にとって難しい問題に遭遇した時、必要以上に

悩み過ぎないことがいかに重要であるかという話でしたね。

 

リスニングテストのパート3と4では、やられたと思ったら選択肢

(C)をチョイスして(別に他の選択肢でもOK)、すぐに次の問題に

移行することの大切さも解説しました。

 

実はこの方法はかつての私の生徒さんから学んだやり方です。

 

私にはリスニングパート3と4ではもう難問はないので、

この方法を取る必要がありません。

 

でも私の生徒さんには頻繁にあります。

 

私がTOEIC講師を始めた頃、とある私のクラスの受講生が

「自分はリスニングで分からない問題があった時にはいつも

 選択肢(C)にしています」とおっしゃっていたので、これは

 良い!と思いついて、他の方々にもお勧めするようになり

 ました。

 

もう一度書きますが、大切なことは選択肢(C)にすることでは

なく、悩まないですぐに選ぶ選択肢は何でもいいからマーキング

作業を終えて次の問題に進むことです。

 

特にリスニングでは時間との勝負なので、選択肢をどれにする

か迷っていては意味がありません。

 

だから、事前に選択するものを決めておいて、すぐに気持ちを

次の質問と選択肢の対応に切り替えられるようにしておくわけ

です。

 

では、リスニングテストはそれでよいとして、リーディング

問題の選択に迷った時はどうすればよいでしょうか?

 

では、この話の続きはまた明日のブログで。

 

TOEIC20165月の公開テストより一部の問題形式が変更され

 アップグレード版として実施されています。

 

ユーフォーリアのTOEIC講座では、新しい内容でのテスト対策を

どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

乞うご期待!

3月 18 2019

TOEICでは長く悩んだら負け!3

 

TOEIC講座を名古屋駅前のTOEIC専門スクールユーフォーリアで

教えている満点講師の小島です。 

 

昨日のブログの続きを書きます。

 

TOEICテストのパート3と4で、会話やアナウンスが終わった時、

まだ解答出来ていない質問があってもそこから再考はしないで、

すぐに諦めて、選択肢(C)をマーキングするのが得策であるという

話でしたね。

 

これをしっかり実行出来るとその効能がたくさんあります。

 

時間の無駄遣いが防ぐことができるので、次の問題のための

準備がしっかり出来ます。

 

逆にこれが出来ないと次の問題でもやられてしまう可能性が高く

なってしまいます。

 

次に悩まないことが非常に大切なことで、こうすることであなたの

脳の不必要な疲弊を軽減することが出来ます。

 

これが出来るとTOEICテストにおいて最も大切なパート7長文読解

問題で必要なスタミナが温存できるようになります。

 

大抵の人はリスニング問題をやっていて、解けない問題と出会う

たびに悩み、結局確信をもって解答を出来ないで自らの脳を疲れ

させながらテストを進行させるので、パート7をやる以前にかなり

疲れ切ってしまっているわけです。

 

 

TOEIC20165月の公開テストより一部の問題形式が変更され

 アップグレード版として実施されています。

 

ユーフォーリアのTOEIC講座では、新しい内容でのテスト対策を

どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

乞うご期待!

3月 17 2019

TOEICでは長く悩んだら負け!2

< 

 

TOEIC講座を名古屋駅前のTOEIC専門スクールユーフォーリアで

教えている満点講師の小島です。 

 

昨日のブログの続きを書きます。

 

TOEICのリスニングテストにあるパート3と4=会話問題と説明文

問題をやっていて会話、またはアナウンスなどが終わっているのに

解答出来ない問題があってもすぐに諦めて次の質問と選択を読む

準備を始めないといけないという話でしたね。

 

間違っても会話やアナウンスの内容を思い出して、正解を取りに行く

ようなことは絶対にやってはいけない行為であるとも書きました。

 

ただし、諦めるといっても何もマーキングしないのはもったいない

話です。

 

TOEICのルールではマーキングをしないで空欄にしておいても

間違った解答の欄を黒く塗りつぶしても減点されることはありま

せん。

 

そうならば何でもいいからマーキングはしておいた方が得なわけ

です。

 

偶然正解が取れる可能性がその方がありますからね。

 

ここでユーフォーリアでは極めてユニークな方法を指導しています。

 

解答選択に悩んだ時の行動を予め決めておくのです。

 

具体的には決められない時には選択肢(C)を選択します。

 

別にあなたが選択肢(B)が好きならそっちでも構いません。

 

肝心なのは悩まないで瞬時にマーキング作業を終えることなのです。

 

実はこの“悩んだら(C)を選ぶ”作戦は効果が抜群にあるのです。

 

では、さらに詳しい解説はまた明日のブログでご紹介していきます。

 

 

TOEIC20165月の公開テストより一部の問題形式が変更され

 アップグレード版として実施されています。

 

ユーフォーリアのTOEIC講座では、新しい内容でのテスト対策を

どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

乞うご期待!

3月 16 2019

TOEICでは長く悩んだら負け!

<>  

 

TOEIC講座を名古屋駅前のTOEIC専門スクールユーフォーリアで

教えている満点講師の小島です。 

 

昨日のブログの続きを書きます。

 

“自分が解答に悩んでいる時は驚くほど早く過ぎ去ってしまう”ことを

肝に銘じておかなければいけないという話でしたね。

 

必要以上に長い時間、といってもリスニングテスト中ならほんの数

秒間という時間になりますが、浪費してはいけないということです。

 

Part3や4のリスニング問題でそれをやってしまうと次に控えている

3つの質問と各4つの選択肢の事前のチェック作業が十分にやれなく

なってしまいます。

 

それがやれないと“負け”ます。

 

このリスニングのPart3と4は“速読のテスト”であるというのは

二十数年前に初めて私がTOEICを受け始めた時から一貫して変わる

ことのない持論です。

 

事前に上手く読めていれば勝てるようになります。

 

私はいつもこれが出来ているので全問正解しているのです。

 

もし事前に読ませてもらえなければ、もう数えきれないほど満点を

リスニングテストで取っている私でも無理です。

 

やれない自信があります。(苦笑)

 

英語を聴き取る能力がどんなに高くても事前に何を問われるのか

が分かっていなければ、ある程度は解けても全問正解を達成する

のは無理です。

 

それくらい事前の準備=下読みは大切な行為なのに悩み過ぎると

その貴重な時間が大幅に減ってしまうことを忘れないで下さい。

 

またその愚行をやっているのは自分自身であるという認識を持ち

ましょう。

 

やられたと思ったらすぐに諦めて、次の問題にいくことが極めて

大切なのです。

 

 

TOEIC20165月の公開テストより一部の問題形式が変更され

 アップグレード版として実施されています。

 

ユーフォーリアのTOEIC講座では、新しい内容でのテスト対策を

どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

乞うご期待!

3月 15 2019

時間の経過の不思議

 

                    

 

TOEIC講座を名古屋駅前のTOEIC専門スクールユーフォーリアで 

教えている満点講師の小島です。 

 

昨日のブログの続きを書きます。

 

TOEICテスト対策をプロとしてレッスンしていると時間の経過という

ものは不思議だなあとつくづく思わされます。

 

早く過ぎ去って欲しい時間は時計の針が止まったかのような錯覚を

持つほど経過してくれません。

 

例えば乗り物の出発時刻です。

 

早くその時間がきてくれればよいのにと待っているとなかなか時間は

過ぎてくれませんよね。

 

TOEICテストでは全くその逆のことが発生します。

 

例えばリスニングテストのパート3と4では問題と問題の間にある

インターバルは40秒です。

 

この時間はTOEIC受験者にとっては早く経過して欲しくないものです。

 

こういう時間はあっという間に経過します。(苦笑)

 

本人はそれほど時間を使っていないつもりでも、解答をどれにしよう

かと悩み始めたとたん、時間はすぐに経過してしまいますね。

 

当の本人がそれに気づいていないことが大問題です。

 

“自分が解答に悩んでいる時は驚くほど早く過ぎ去ってしまう”こと

を肝に銘じておかなければいけません。

 

つまり、TOEICテストでは長く悩んだら負けです。

 

確信を持てない問題はすぐに諦めて、次の問題へ移ることが極めて

大切な方策となります。

 

でも、これがなかなか出来ない人が多いのです。

 

改善していきましょう。

 

 

TOEIC20165月の公開テストより一部の問題形式が変更され

 アップグレード版として実施されています。

 

ユーフォーリアのTOEIC講座では、新しい内容でのテスト対策を

どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

乞うご期待!

3月 14 2019

TOEICはマラソンのような戦い2

 

 

TOEIC講座を名古屋駅前のTOEIC専門スクールユーフォーリアで 

教えている満点講師の小島です。 

 

昨日のブログの続きを書きます。

 

TOEICテストのパート3会話問題とパート4説明文問題では会話や

アナウンスが終わってしまった時に解けていない問題はすぐに諦めて、

マーキングを終えてすぐに次の問題の下読みを始めるべきだという

話でしたね。

 

なぜこうしないといけないかは、ちょっと考えれば分かることです。

 

例えばパート3の場合、会話が終わったのに答えられない問題があると

大抵の人はそこから、今自分が聞いた会話の内容を思い出そうとします。

 

でもその状況を想像してみて下さい。

 

あなたの頭の中に残っている会話の内容って、その質問のヒントを

キャッチ出来ているでしょうか?

 

出来ているのならすでに解答を終えているのではありませんか?

 

それが出来なったということは一番肝心な情報が得られていない

のです。

 

そんな状態でいくら思い出そうとしても正解のヒントはよみがえって

きません。

 

確信を持って正解を取るのは不可能だということです。

 

その結果、時間だけがどんどん経過してしまうのです。

 

時間が経過するとどうなりますか?

 

そうです。次の質問と選択肢を下読みする時間がなくなってしまう

のです。

 

これではまともな勝負が出来ません。

 

 

TOEIC20165月の公開テストより一部の問題形式が変更され

 アップグレード版として実施されています。

 

ユーフォーリアのTOEIC講座では、新しい内容でのテスト対策を

どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

乞うご期待!

3月 13 2019

TOEICはマラソンのような戦い

 

 

TOEIC講座を名古屋駅前のTOEIC専門スクールユーフォーリアで 

教えている満点講師の小島です。 

 

昨日のブログの続きを書きます。

 

TOEICは2時間にも及ぶマラソンのような戦いです。

 

長丁場のレースで最も大切なのはスタミナであることは言うまでも

ありません。

 

最後の問題まで到達出来ない人が非常にたくさんいますが、スタミナ

不足がその大きな要因の一つです。

 

TOEICテストの当日にスタミナを増やすことは不可能ですが、エネル

ギーを節約しながら戦うことは可能です。

 

その一つが昨日のブログで紹介して、パート7の読み方です。

 

長文を上から下まで読むことを2回連続でやることはダメです。

 

時間とエネルギーの無駄遣いになります。

 

さらにリスニングでもこのスタミナ温存作戦は実施するべきです。

 

例えばパート3会話問題とパート4説明文問題なら、会話やアナウンス

が終わってしまった時に解けていない問題はすぐに諦めて、マーキング

を終えてすぐに次の問題の下読みを始めるのです。

 

ほとんどの受験者は、これをやらないで、今聴こえてきた会話やアナ

ウンスの内容を思い出して正解を取りにいきます。

 

この行為もTOEICテスト中に絶対にやってはいけないことです。

 

 

TOEIC20165月の公開テストより一部の問題形式が変更され

 アップグレード版として実施されています。

 

ユーフォーリアのTOEIC講座では、新しい内容でのテスト対策を

どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

乞うご期待!

3月 12 2019

TOEIC Part7で絶対にやってはいけないこと4

 

 

TOEIC講座を名古屋駅前のTOEIC専門スクールユーフォーリアで 

教えている満点講師の小島です。 

 

昨日のブログの続きを書きます。

 

TOEICテストのパート7で絶対にやってはいけないことの一つに

長文を上から下まで読めた後に解答出来ていない問題があるからと

いって、もう一度長文を読み直すことだという話でしたね。

 

これを実行すると時間とスタミナの節約が出来るとも書きました。

 

時間が上手く使えるのは説明不要でしょう。

 

さらに大切なのはスタミナが温存できることです。

 

長文を読んで出来なかった問題は諦められるとそこからあなたの

脳は苦しい状況から一瞬にして解放されます。

 

逆にもう一度長文を読んでしまうとその苦境がさらに続くだけで

なく、結局確信を持って正解を出せない状況で終わるとあなたの

脳はとても疲弊します。

 

これが一度だけならまだしも何回もTOEICテスト中に発生すると

その脳は疲れ切ってしまうのです。

 

とても疲れている状態の脳はその能力を十分に発揮してくれません。

 

パート7は英文を読みながらちょっとしたことに気づけるかどうか

がよく問われますが、それに対応出来ない=正解が取れなくなって

しまうわけです。

 

この積み重ね。

 

実はTOEICテストをやっていて、もっと前の段階でも気を付ける

べきなのですが、この話の続きはまた明日のブログで。

 

 

TOEIC20165月の公開テストより一部の問題形式が変更され

 アップグレード版として実施されています。

 

ユーフォーリアのTOEIC講座では、新しい内容でのテスト対策を

どこよりも早く、詳しく、分かりやすく レッスンしていきます。

乞うご期待!

Next »

Copyright©2005 Euphoria All rights Reserved.